コロナ第4波に備えて

2月7日に緊急事態宣言解除なんて来るわけが無い。

これから感染率が1.7倍の変異種が猛威を振るおうとしている訳で、こんなのGWに掛けて感染爆発必至だろう。

理由は簡単で、コロナを甘く見ている連中が多すぎるし状況は変わらないし、政府は馬鹿ばっかりだし、スーパーコンピュータの富岳を使う理研の研究者も馬鹿過ぎて、スーパーコンピューターになにやらせているのかと思えば、マスクの材質による性能チェックって馬鹿じゃねぇのか。

まず、マスクのシュミレーションに関して全く当てにならないシュミレーションで実体に合ってないのに、やってる連中、それが正しいって思ってるから、もうどうしようも無い。

まぁ理研だからしょうがねぇか。

そんな事より自衛に徹した方が断然良いので、取りあえず長持ちするマスクを吟味している。

まず、色々布系マスクはあるけれど、このマスクは良い。

マスクフレームを使うと、全く眼鏡が曇らない。

他のマスクは、曇らないかけ方を色々と実験してからようやく曇らないかけ方が見つかるのだが、これは、マスクフレーム入れて普通に掛けて鼻の金具をセットしただけで、一切眼鏡が曇らなくなった。

通気性はマスクなりに仕事している感じもするし、排気は顎から喉にかけて自分にかけているで飛沫は自分にかけている。

100%息をすって100%吐き出すわけで、これはどんな高性能なマスクでも同じ

これが、不織布だから布だからなんてどうでも良い

目と鼻の隙間からどばーーっと飛沫飛ばすのがマスクの宿命でこれが眼鏡の敵なわけで、その目鼻の隙間から息を排気せず、顎から首に掛けて下向きに排気するのが飛沫を飛ばさないコツだと思うのだ。

眼鏡族、マスク眼鏡の場合は曇り止め塗ってない眼鏡をしていると、この鼻の隙間をとにかく閉ざして息が眼鏡に当たらない様にするわけだが、富岳のシュミレーションとは全く違う結果になるのは明らかだ。

そのかけ方をこの布マスクはあっさりと出来るのし、質感も良いのに1枚500円と言うのはまぁ妥協の範囲内だ。

ただ、洗って乾すとき、ちゃんとシワを伸ばして乾さないとシワシワになるので注意点はその程度だな。

そして、布マスクは大体、あれこれと試して今はこのマスクで良いのだが、不織布の黒マスクが欲しかった。

50枚入りで個包装で1300円だと1枚30円を切るので、これもまぁ妥協範囲内。

個包装と言うのが重宝するわけで、カバンのポケットに2枚ほどそのまま忍ばせても汚れないしがさ張らないのがとても良い。

それに、ユニチャームのもはや買った時の5倍くらいになっている超快適マスクがあるが、殆ど質感は近くて、ユニチャームのマスクはガーゼが内側にあってハイブリットだが、この50枚入りは全部不織布ではあるがそれなりに吸排気は問題なさそうだ。

密着して呼吸した時の感覚は遜色無いので、マスクとしての性能は悪くない。

ユニチャームのガーゼInマスクの方は使い捨てだとは思うのだが浸け洗いして何度も使っているのだが、この不織布マスクも浸け洗いで使えそうな厚みもあるし質も良さそうなのでやってみるかな。

そう言う意味でも黒マスクは汚れが目立たなくて良い。

結局コロナに感染しなければ目的達成だし、自分自身が飛沫を飛ばさないようにするのが目的なのでマスクなんてなでも良い。

眼鏡が曇らず息をまき散らさないと言う大前提を達成する事にある訳で、その目的を達せいしない、鼻だしマスクとかノーマスクが居る以上、第4派は続けざまに来て、オリンピック中止を確定づけるだろうな。