ホックの修理をやってみた

Amazonで色々と検索していると、ホックのDIYパーツが目に入った。

実は、ホックが壊れた洋服があってホックが壊れただけなんだがそれが結構致命傷なんだが、結構気に入っている服なので捨てるに捨てられず、ホックさへ直ればなぁと常日頃から思っていたのだが、ホックを直すという発想にいきつかづ放置、保管していた。

そこに、このDIYパーツを見つけて思わず買って見た。

ホックの部品は4種類あって、写真を見て組み合わせをチョイスしてやって見たら少しずれたけどばっちりホックを復活させることが出来て非常に嬉しい事が起きた。

直すのは1つだけだが、他にもジーンズとか色々と捨てずにおいているのを直すことが出来るので結構良い感じになっている。

すると欲がでて、ビジネスバック用のストラップが壊れてAmazonでPUレザーのベルトに交換したのだが、カバンが本革だけに、ストラップはPUレザーと言うのがどうにもスッキリしないので本革のストラップを探してみた。

探してみても、本革で良さそうなのはこれしかみつからず、まぁ安いしこのストラップを2本かった。

2本と言うのは、長さ調整出来ないタイプで89cmしか長さが無いが、2本でザックリ180cmになるので、この2本をつないで1本にするのに、接続する方法としてかしめを思いついたのだ。

で、実際にそれっぽくつないでみたのだが、まぁ初めてにしては上手く言ったと思う。

後は、実用性で、ショルダーにかけてしっかり切れずに使えるかと言うのと、このフックはPUレザーのと同じで、出来損ないのカバン側の引っかけ穴に根元まで入ってもひっかかる事無く引っ張れば直ぐにうけて、フックの端でちゃんとひっかかるので金具部分は問題無く、材質も本革なのでこれで、純正のストラップよりも良い感じに仕上げる事ができた。

商売するのではないのでパーツがやたらと余ってしまうが、まぁ何かあれば本格的にフックやかしめでしっかりとDIY出来るので良いだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました