MacのGarageBandを使ってみた

Macには最初からDAWのGaragebandがインストールされているのだが、最初はMIDI何か一切関わりが無かったので全て削除していたのだ。

今回、ラッパの練習で譜面を作るために色々とWindowsのMusicScorePRO3を使い始めて目的は達成したのだが、今練習している曲でMyFoolishHeartと言う曲があるのだが、良い音源が見つからず、いっそのことPCで作って見る事にした。

その際、譜面データをMIDIファイルに出力出来たので、SONYのAICDで取り込んで、ちゃんと取り込んで見た物の、SOLO部分だけでは面白く無いのでループ音源を追加してDTMをやって見たのだが、いまいち良い感じに仕上がらなかった。

そこで、MacのGaragebandが簡単だと言う事でインストールし直して見たところ、こんな感じでApple loopを使ってドラムとか追加したら良い感じに仕上がった。

他にもMIDIファイルに出力した譜面データに味付けするのにDAWが活用出来る事がわかった。

MusicScorePRO3でも再生出来るのだが、音が貧弱でいまいちだったので、音楽系のソフトは色々と使い分けた方が良さそうだ。

そのベースになるのがMIDIデータとして入出力出来れば使い回せるので便利で良い。

色々と音楽ソフトに填まっている今日この頃

(※マイクでテレビの音拾ってるなぁ...)