ブラウンのシリーズ7が増えてた

これが俺のシリーズ7なんだが、いつもシリーズ7の替え刃を探せばこれが見つかっていた。

ところが...

同じ呼び名のシリーズ7が他にもあって、これは新しいタイプのシリーズ7でドイツ人は馬鹿なのか?

なんで、前と同じ名前で販売するのかまちがって買ってしまって新しいシェーバーを買わせる魂胆なんだろうか。

ドイツ人馬鹿過ぎるぞ。

恐らく9までしか数えられないとみた

で、結局シリーズ9PROを買った。

シリーズ7を買った当時、失敗した感が拭えず、それは、本体は特に問題無いが、当時からアルコール洗浄機が有ったわけだが、俺が買ったのは洗浄機無しのタイプ。

安易に、取りあえず本体だけ買って後で洗浄機買えばいいやと思ったのが運の尽きで後で買っても使えない事がわかり洗浄機使いたかっただけに、少しショックだった。

なので、次買うときは絶対に洗浄機付のタイプにすると決めていたが、新しいシリーズ7は当時シリーズセブンが旗艦だった頃のシリーズ5くらいの性能、機能で、結局シリーズ7がアップデートしてシリーズ9になった製品ラインナップの様だ。

しかし、9477ccにはモバイル充電器とケースがセットになった形でこんな物が2万円もするのでその下のエディオン型番の9465ccレザーケース付属のタイプにした。

2021年8月以降のシリーズ9の型番が94○○ccとなっている様で、俺の買った9465ccはエディオン限定モデルで一般的には9467cc、9466ccの色違いがある様で製品自体は9477ccも9465ccも同じだ。

昔買ったシリーズ7の時も色々ラインナップ有ったけどそこまで細かく調べずにブラウンで一番上位機種と言うだけで買ってしまい後でアルコール洗浄が使えない事がわかり、今回は入念にラインナップをしらべたと言う訳だ。

シェーバーはブラウン以外だと日立のロータリーシェーバーを使ったことがあるが、ロータリーシェーバーはもう生産してないらしい。

まぁあの独特の歯を作るコストって結構大変なんだろうと思うが発想は良いと思って使っていた。

結局、製品として継続してくれないと換刃とかが手に入りにくくブラウンにしておくとその点は安心なのでいつかしらブラウン一択になっていて、フィリップスの独特の丸刃は時間がかかってしょうがないので却下してパナソニックの6枚刃だったか、枚数が多ければ良いと言う物ではないと思うが枚数が多い方が一度にそれる量は多いらしいので肌に優しいと言う事らしいが、見てみると3枚刃の歯を2個連結させただけの安易な設計にダサさを感じたし、どうにもブラウンの2番煎じみたいだ。

それと顎下のクセ髭対策としてブラウンを使い始めて久しく、今回はその機能が更に改善された様で期待している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました