サントーニのホールカット

REGALは色々な海外ブランドの靴も取り扱っていて、REGALの定番から一通りの靴をそろえたのでもう買う物がないと言うか、なかなか良いデザインの靴が無くて、これぞ日本製革靴と言わんばかりの質実剛健な靴が多い。

その中でもホールカットと言うデザインの靴が好きで、Amazonの安靴でもホールカットは履き心地が良くてリピートした位昔からホールカットのデザインを履いていた。

今は、REGALのW70番のGORE-TEX対応のホールカットで

この2色は持っているのだが、このホールカットにはもう一足グリーンがあって、それがもう入手出来ない意外に人気のデザインで、REGALぽくないところが良い。

この靴の木型が俺の足には非常に合っているので、履き心地ときたら申し分無い気持ち良い履き心地で革質も良く、一番のお気に入りだ。

そして、今回ここに、サントーニのホールカットも加える事にした。

それが、この靴で、サントーニはイタリアでは日本の半分くらいの価格で売っているのだが、ボナフェとかフェラガモとかイタリアを代表する様なメーカーに遅れを取らず、製法の技術が凄く、他のメーカーはグットイヤーとかマッケイ製法などの3種類くらいの製法で作っているがサントーニは他にも独自の製法があって、10種類くらいの製法をデザインに合わせて使い分けていると聞いている。

また、色づけ職人と言うポジションがあって、そのポジションには日本で言う美大を出てないとなれないポジションらしく、色づけはかなり気に入っている。

ちょっと日本では商社が価格をつり上げ過ぎている様で、つり上げても納得の品質なので良いとは思うのだがちょっと高すぎる。

サントーニの拘りはとにかく材質で、業者が革を10枚もって来たとしてもその中で買うのは1枚程度らしい。

Amazonでざっと検索したのだが、15万8千円はちょっと高すぎるのでREGALのファクトリーストアで買うとサントーニがほぼ半額で手に入るのでちょっとお買い得だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました