バンドマットを買ってみた

これは、管楽器を演奏していると唾が菅内にたまるので、それをウォーターキーを開けて床に吹き出す事になるのだが、その際、床にそのまま落としても衛生的にも問題あるわけで、ハンカチとかハンドタオルとか100均で買った給水マットとかを代用して使う事になる。

中にはペット用の給水マットを使っている人もいるが、ちょっと頂けない。

俺は100均で買った給水マットを使っていたのだが、サイズが大きくて折り曲げて使っているたが、丁度良い感じのサイズが無くて何か無いかなぁと探していたときに、このバンドマットを見つけた。

YAMAHAからも専用の給水マットの様なのが販売されてはいるが、こちらの方がデザイン的にもセンスが良いのでこちらをチョイスした。

こんな物が1000円もするのだが、Amazonで買うと更に送料も追加され1380円で買うことになるが、そのお詫びという事で2枚ほど追加して送ってくれた。

ただ、1枚で十分なのだが8枚も手にすることになった。

まぁそれはそれで良いのだが、水抜きマットは管楽器を演奏する際、処理について考えるのはマナーだと思うわけで、雨が降って傘をさして室内に戻るときポタポタさせない様にするのと同じ事で、まだ雨水なら許せるが、楽器の場合は唾液を床にポタポタ平気でたらすわけにもいかないわけで、気遣いは必要だろう。

その際、100均の地味なハンドタオルでも十分役目を果たすので良いのだが、自己満足の為にあえてバンドマットを購入してみたわけだ。

ちょっと質感が安っぽいが、自己満足を得るには十分だ。

カラオケボックスで練習する際にも、床に普通にたらすのでは無く、ちゃんと処理しないとマナー的にも問題があるので気を使うことにしている。

ただ、100均のハンドタオルでも十分役にたつので自己満足を満たしたいなら買って見るといいかもしれない。