椅子の修復

前にガス漏れで椅子が最下部まで沈んでしまうので、割り箸を3本だけ、パイプに噛まして、ビニールテープと荷造り用のこれもナイロン紐でぐるぐる巻きに縛っていたのだが、ビニール紐が伸びたのか、割り箸3本だけだったので、90kgの重量が毎日かかると、外に広がってしまい、破綻してしまった。

とはいえ、割り箸三本でも1年は持ったと思うのだが、今回は割り箸五本にして、ひもも、ビニールでは無く、ちゃんとした紐?なんて言うんだろう、麻紐なんかなぁ….で、ぐるぐる巻きにきつく縛ってみた。

かなり頑丈に縛ったので、これでもう大丈夫だろうと思うのだが、割り箸もただでもらった割り箸の余りに、紐は100円ショップで買ってきたので、実質100円で修理完了。

椅子が下がってしまうと、せっかく買った高級キーボードでの入力もし辛くなってしまい、台無しになるので、これで姿勢も維持できて高級キーボードの恩恵をじっくり味わえる。

それにしても、FILCOの赤軸、Majestouch Convertible2は思った通りの軽い打鍵感で、とにかくしっかりと柔らかく打てるのが最高だ。

それに、高級キーボードはほぼ、ワイヤード接続のものしか無かったのに、FILCOのこれは、Bluetooth接続出来るので、ワイヤレスでキーボードの位置も快適だ。

ワイヤレスにしたかったのは、とにかく配線が机の上に這いずり回るのが嫌と言うのと、PC本体を机の下に置いて使っているので、有線だとそこそこ長くないと取り回しが不便なのだ。

ワイヤレスだと基本的にキーボードの位置と本体は自由に配置出来るのでストレスが無い。

そのうち、モニターもワイヤレスモニターが主流になれば良いのになぁと思うが、まだワイヤレスモニターはPCの世界では見かけない。

ワイヤレスモニター的に、昔、FMトランスミッターを使ってそれっぽいことを、テレビでは実現したのだが、コンポジット方式だから出来たのか、今のHDMIも飛ばせれば良いのになぁ。

と思って、今ネット検索してみたら、ワイヤレスモニターのアダプターが5千円程度で売っている事が分かったので、モニターもワイヤレス化するのは簡単そうだ。

後でやってみるか。