Bluetoothデバイスの利便性

Bluetoothデバイスにはほぼ死角がないくらいとても便利に使っている。

このマウスとトラックボールは2chあるし、キーボードもメカニカルキーボードであるが、あえてBluetoothにしているのは4chあるからで、これは同じ周辺機器で複数のPCを操作出来ると言うことで机の上にはキーボードとマウス、トラックボールのセットが一式あれば良いと言う訳だ。

なので、マルチデバイスを利用してないとこの利便性は解らないが、俺の場合メインPC、サブPC、タブレットにスマホとマルチデバイスを利用しているが、キーボードとマウス、トラックボールは一式しか机の上に無くて同様のメカニカルなキーボードの恩恵を全てのデバイスで味わえるのがとても心地良い

デメリットとしては切替のちょっとしたタイムラグなんだが、これはしょうがないので慣れるしかない。

後はBIOSを起動、操作出来ない点不便だが、まぁめったに出す画面でも無いし、最悪USBに切替える事もたやすく、ケーブルは目の前にぶら下げて普段はスマホの充電に使っているので欠点を補える状態にしている。

故に、今の選択枝はBluetooth一択で、チャンネル数がいくつあるかで製品の選択指針にしている。

Bluetooth接続デバイスはとても便利で、USBポートを使わないで済むのが最大のメリットと言えよう。

Bluetooth内蔵アンテナが必要ではあるが、自作PCなのでその辺はそつなくWi-FiとBluetoothはセットのM.2基板を有効に使っているので問題無い。

コメント