マンションのリノベーション

なんか、マンションのベランダがコンクリートの床だったのがその上に防水ペンキを塗りたくってリノベーションが始まってもう一ヶ月になる。

くそ暑い夏のさなかに足場を組んで、ネットで覆い尽くされ、真夏にセーターを着たような状態のマンションですごく息苦しい中、ほとんどエアコンを使わないおれでもこの夏は毎日エアコンを付けざるを得なかった。

で、このベランダ加工のおかげで洗濯もんが外に干せず、部屋干しを余儀なくされているわけで、一体いつになったらベランダが普通に使えるのやら。

まぁベランダの仕上げを見たら、結構綺麗に塗装してあるのでここは我慢のしどころだ。

それに、玄関までの床も全部めくって今までのタイル状のパネルからフローリング調の床材に張り替えてある。

なんか全面塗り替えたり床を張り替えたりと、綺麗にして家賃を上げようとしているのか?

まぁ綺麗になるのは良いのだが、住んでるの俺だぜ!

他にも居るだろうけど、住む場所は歓楽街のすぐそばの賑やかな場所が好きで、好んで祇園近辺に住んでいるのだが、この場所は、ホテル街の一角にあるマンションで、京都で有名なパワースポットの一つである安井金比羅の隣のマンションなんで観光の人が結構わんさか通る場所にある。

だけど、この玄関までの廊下は誰も見ないのにここまでリノベーションするとは思わなかった。