オウルテックのメカニカルキーボード

自宅ではFILCOの赤軸を使っていて、会社ではメンブレンの安物キーボードを使っていると、操作感のギャップにストレスが溜まってくるのだ。

そこで、ヨドバシポイントもそこそこ溜まったので、同じFILCOのキーボードをポイントで交換しに行こうと思ったら、なんと在庫切れ!!

自宅では取り回しの関係でどうしてもワイヤレスに拘っていたのだが、会社で使う分には有線でも良いかと思って、FILCOの有線の赤軸と思ったがこれも在庫切れ

まぁ翌日には配送できるというのだが、明日は帰宅が遅くなるので受け取れないので赤軸の在庫を探してもらったら、オウルテックの赤軸の在庫があるとの事。

数ある高級キーボードコーナーでもオウルテックの赤軸は5千円ほど安く8千円程度で買えるが、一往、FILCOと同じCHERRYの赤軸なので操作感は同じで有線だけどパームレストが付いているのでそれにした。

早速、キーボードを並べて操作感のチェックをしてみたのだが、遜色なくコストパフォーマンスは良い様だ。

付属のキーはオレンジの無地がついていて、ちょっと安っぽく感じたが、キーボード自体は頑丈そうで悪くなく、1万円を超える高級キーボードには躊躇すると言う場合、オウルテックのキーボードは安値で7千円ちょっとで手に入るので、1台分の予算で2台も買える

それでいて、メカニカルの部品は同じなのだから文句はないだろう。

FILCOの赤軸を使い始めると、本当に会社で使っている安物のキーボードが打ちづらくて赤軸は最高のタッチで使いやすい。

店の人に聞いたけど、まず黒軸は売れないそうで、赤軸は人気が高く、ゲーム目的では無い人には赤軸がよく売れているそうだ。

その赤軸がオウルテックなら5千円も安く買えるのだから悪くない。