Filcoの純正パームレスト

FILCO純正の木製パームレストを入手した。

まともに買うと3600円越の代物なんだが、純正なので、キーボードにベストマッチ!

丁度、手のひら部分はパームレストにあたって、手首は前に買った低反発ウレタンか何かのパームレストで入力ストレスはまったく無くてかなり良い感じ。

一度、高級キーボードにしてしまうと誰も普通の安物キーボードを使いたくなくなってしまうほど、この入力感、打感、底付き感は心地よくて、会社で使っているPCのキーボードもメカニカルキーボードに換えた程だ。

元々同じFILCOのキーボードにするつもりだったのだが、在庫切れで、オウルテックのメカニカルキーボードにしたけど、軸は同じチェリーMXの赤軸でタッチ感は同じだ。

しかし、オウルテックのキーボードは元々パームレスト付きで、5千円も安いのでお買い得かもしれない。

自宅のキーには前に、シリコンリングをはめ込んだので、ストロークが短くなって若干静音になっている。

そのシリコンリングが売っていたら買うのだが、これも在庫切れで売ってないので会社では素の赤軸を使っていて、ちょっとうるさいかもしれないが、会社でキー音が気になるのは、昼に使うときくらいで、特に支障は無いので気にすることもなさそうだ。

他に、会社では静音マウスにしていて、クリック時の音が出ないマウスを使っている。

このマウスのカチカチ音って意外に聞こえて、カチカチ音がしないマウスを使っていると特に気になってくる。

なにげに耳に入ってくる時は、自分自身の集中力が切れている時なんだろうなぁと思う。

しかし、高級という冠は付くものの、キーボードでも1万円そこそこ、マウスだって2千円程度なので、社会通念的な高級とは程遠いと思うのだ。

でも、周りはキーボードに1万円ってと言うのだが、普通にキャバクラ行けばそんくらいあっという間じゃ無いのか?

俺からしてみれば、キャバクラで1万円ってと思うわけで、価値観は人それぞれなんだなぁと思った。

ただ、一ついえるのは、高級キーボードの1万円は、仕事のストレス並びに、壊れるまで使い続ける事が出来るが、キャバクラの1万円はその時、その瞬間の楽しみだけだ。

最も、パチンコで1万円負けることなんて日常だと思うわけで、そんな1万円を、一回だけキーボードの注いでみれば、そこからキーボードで文字を入力するストレスが楽しくなって、毎日ハッピーな思いで仕事が出来ると思う今日この頃であった。