度数が調整出来る老眼鏡

ソースネクストから物を買うのは初めてだが、HAZUKIルーペが気になっていたのだが、取りあえず度数調整と言うキーワードに惹かれてこの眼鏡を買ってみた。

度数の調整は2枚のレンズがずれで重なり合う事で調整出来る理屈で、左右別別に調整出来るので左右の視力バランスが悪い俺にはうってつけだった。

全体的にプラスチック製なのでちゃちい作りではあるが、普段使うわけでは無いのでそこは妥協出来る。

基本的に左目の視力が悪く、肩こりが酷くなってしまうので、左の目の視力を取り戻すことで肩こりが解消出来るのだ。

肩こりの理屈で目医者で効いたのは、左右の視力バランスが悪いと、片方の目が片方の目に合わせるために常時視力を調整しようと動き続ける為に方が凝ってくるとの事だ。

この眼鏡で左右のバランスを調整する事でそう言った事が解消できる。

使用感はまぁオールプラスチックで頼りない質感ではあるが、ちゃんと目的の機能は果たしていて、その辺の物が大きく見えて気持ちが良いくらいだ。

目を薄めにする必要もなくなって焦点を合わせる位置が違っても直に調整出来るのは便利この上ない。

でもHAZUKIルーペの方が良いのかなぁ...

しかし、この度数調整のおかげで、本がかなり読みやすくなった。

元々持っている眼鏡はPC画面の距離約40cm位の位置に合わせているので、本を読むのには使えないのだ。

しかし度数調整が出来ると、本を読み解きはその距離に焦点を合わせ直すだけで、本の活字もばっちり読みやすくなる。

本とか読むのは活字が読みにくくなったのも原因の1つで、専門書を買ってきても今までは虫眼鏡を使って読んでいたのだが、これで両手で広げて本を楽に読める様になった。