マウスピースのおしゃれアイテム

なんだかいつの間にかマウスピースが8本になってしまったのだが、結局今使っているのは16C4になっていて、演奏後半に14C4に付け替える感じになっている。

他は14A4とか14B4とかはジャズの曲の時に使っていたけど今は歌謡曲が多いので16C4が一番フィットしている。

プラスチックの練習用マウスピースでも演奏できたりするのだが、これだけあると、音色の比較が出来てマウスピースを変えるだけで確実に音色を変えられるので結構便利なのだ。

しかし、目が悪くなってマウスピースの番手が結構見づらくなってしまい、順番を変えずに並べるしかなかったのだが、100円ショップで髪留めに使う小さな輪っかを見つけたので買ってみた。

100円でわんさか入っているのだが、ちょうど8色あって、マウスピースも8本とシャンクに丁度はまって色で番手を分ける様にしてみた。

これなら何処にあっても色で直にわかるのでいちいち目を細めてマウスピースを眺める必要がなくなったのだ。

ちなみにこのマウスピースポーチは工具ポーチを使い回しているのだが、右側のゴムが大きな物を挟めるようにちょっと幅が広くなっていたので、真ん中を縫い付けてみたら丁度分かれてくれたので8本ピッタリ入れる事が出来た。

なので、より完成度を高めるために蓋に使っていたスポンジは蓋の網のポケットに入れてあつらえた様な仕上がりになってくれた。

この工具ポーチは1200円で買えたので、マウスピースポーチとして売られているものからするとかなり安上がりに仕上げる事ができた。

一番のDIYはトランペットの保護袋でこれは市販のトランペット保護袋の約30分の1の価格、100円で出来たので結構気に入っている。

楽器周りの小物は異常に高いが、ほぼ自作出来るか100円ショップでまかなえるのでその方がピッタリするし、どうせお金をかけるなら楽器本体か自作出来ない物にとっておいた方が良い。

それにミュートもアルミ缶で作っているのを見かけるが、あれはちょっとどうなんだろう。

ネタには良いけど、ラッパのベルに挿すのはちょっと抵抗が有るが、とても気持ちはわかる。

だって、ミュート高いもんなぁ...しかし、実際の演奏の時にミュートで音程が微妙にずれると合奏の場合は違和感あって気持ち良くなさそうだなぁ。