WindowsServer2012のセキュリティー

今回ランサムウェアの餌食になったのがWindowsServer2012なんだけど、実はケチってセキュリティーソフトを360TotalSecurityにしていたのも悪かったと思っている。

この無料のツール全く役にたたなかったと言う事で、今回はちゃんと有償版を入れようと思っているのだが、サーバ向けの製品は法人買いがほとんどで個人向け、SOHO向けは色々と面倒だ。

個人向けのKasperskyもSymantecも全部サーバーにはインストール出来ず、ソースネクストのスーパーセキュリティーZEROも駄目だったのでウィルスセキュリティーZEROを試すのをやってなかったのだ。

今回駄目もとで、ソースネクストのウィルスセキュリティーZEROを入れて見たところ、WindowsServer2012でも使えたので結構衝撃!

スーパーセキュリティーZEROはインストール時にOSチェックされてお使いのOSには対応してません云々と出るのに、ウィルスセキュリティーZEROは普通にインストール出来てしまった。

インストールできたという事は動くだろうと思ったら普通に動いた。

これは結構なコストダウンだ。

まぁ性能的にもウィルスセキュリティーZEROもスーパーセキュリティーZEROもどちらもクライアントでは使っているので実績は把握していて心配は無い。

試しにランサムウェアのデモもきっちりと検出してくれたのでもう大丈夫だ。

しかし、ウィルスセキュリティーZEROがWindowsServer2012で動くとはなぁ...