クリスマス

中国語でクリスマスの事を「圣诞节」Shèngdàn jiéと書く

これを日本語に直訳すると「サンタ祭」という表現になる。

圣诞がサンタ、节が祭の事で、圣诞のサンタの後ろに「老人」をつけるとサンタクロースと言う事になる。

発音も「スンダンジゥェ」と聞こえるのだが、「スンダン」のスは「す」と「さ」の中間的な発音で通じる。

一般的には祭の「节」はつかわず、「圣诞」でクリスマスと通じる様だ。

嫁は中国人なのであまりクリスマスについての感心は薄く、日本人の場合、クリスマスと言うのはキリストの誕生日と言う認識が強いが、中国人の場合はキリストの誕生日と言うと全く通じない。

それよりも23日の天皇誕生日の方が、誕生日としては理解が早く、興味を持っていた。

それゆえ、中国本土ではクリスマスは全く静かなもので、プレゼントとかそう言った風習は全く無いようだ。

漢字をみても、サンタは有名な様だが宗教的な意味合いが強くなるキリストの事には全く興味なく、俺も興味ないけど、共感出来る。

で、クリスマスの時は色々とサービスがあるので焼き肉を食べに行って、クリスマスイベントの恩恵を享受する事にした。