GITKraken6.3.0 アップデート

GITKrakenが6.3.0にアップデートしたので、DIFFの文字化け対応してくれたかなぁと思ったけどまだだった。

これ、DIFFの文字化けさえ無ければ最強のGITクライアントなんだがなぁ...

しかし、一度日本語化してしまうと、アップデートしても日本語化に対応したくなってしまうので、6.3.0の日本語化ファイルをダウンロードリンクに追加した。

Krakenは使い始めて早々にPro版にしてしまったのだが、料金体系が変わっているようで、無料版だと自分のレンタルサーバをリポジトリに出来なくなっていると言う事なんだが、そりゃ不便だろうな。

そのおかげで、PRO版にする人もいるだろうが、なんかサラリーマンエンジニアは無料が好きな様で、おそらくSouceTreeなんて言う超使いにくいGITクライアントを我慢して使うんだろうな。

サラリーマンエンジニアばかりの会社だと、会社の規模は俺の会社なんか比じゃないくらい雲の上の規模なのに、SFTP接続させるのにWinSCP使って作ってって言われて作ったけど、WinSCPってそんなに出来が良いとは思えないんだがなぁ...

SFTPのライブラリ買っても7万位で買えるのになぁと思うのだが、結構良い金額のシステムのはずなんだが、なんでそう言う大事なところを脆弱な仕様にするのか俺には理解出来ん。

まぁ言われたとおりに作れば金になるから良いんだが、ソフト屋としてはユーザが可哀想に思えてくるよ。

これだからまだまだ日本のソフトウェアエンジニアの地位は向上しそうもないな。

俺1人気取って頑張ろう。