ハロウィンのカボチャだ!

いつも通る祇園の料理屋さんの入り口にハロウィンのカボチャが飾ってあったので思わず写メって見た。

直径50cmは有ろうかという巨大なハロウィンのカボチャなんだが、料理屋さんの軒先に置いてあるところを見ると、これって中身は食べる事ができるのだろうか。

調べて見ると「アトランティック ジャイアント」と言う種類のカボチャらしく、家畜の餌にする為に栽培している様なので、食べられない事もなさそうだ。

で、食べた人もいるだろうと更に検索してみると、「味は無い」らしい。

実は柔らかく皮が固いのでランタンに加工するのにはもってこいらしく、本家アメリカではパンプキンパイをハロウィンの時に食べるらしく、このパイの材料に使っているらしい。

まぁ見た目から美味しそうなきはしなかったが、見たまんまだったな。

しかし、なんで祇園の料理屋の入り口に飾ってあるのだろう。

この店は、主に政治家なんかがお忍びで来ている店で、要人が来ていると近くに黒塗りの車が運転手と共にエンジンかけて駐車していていい迷惑なのですぐにわかる。

そんな連中にハロインカボチャ食わしてやれば良いのにな。