ミッドシャンク

フリューゲルホンとコルネットのマウスピースをトランペットで使うためのアダプターを揃えてみた。

フリューゲルホン用のミッドシャンクはBestBrassでは製造してないのでGALAXの物を買って、コルネット様はBestBrassの純正と言えるのかBestBrassのコルネットマウスピースに使って見た。

この2つ価格は同じ様なもので、こんな物が5千円もするのだが、さすがにBestBrassの物は質感も良く、銀めっきの掛りも良く美しい。

GALAXの物は、これしか無かったときはこんな物かとも思ったが、比較する物が出来ると、かなり安っぽさが露呈してしまった。

とはいえ、どちらもトランペットシャンクにピッタリ収まるので機能的な事は問題ないので、フリューゲルホンの深いカップのマウスピースとコルネットの深いカップのマウスピースをトランペットでも使える様になる。

曲に合わせて楽器を替えれば良いのだが、フリューゲルホンはちょっと大きいのでトランペットと持ち歩くにはちょっと大げさなので、譜面にフリューゲルホンと書いてなければ意識して持ち歩いていない。

しかしコルネットはトランペットよりも演奏しやすくて気に入っているので、コルネットとトランペットは気分で持ち替えて遊んでいる。

それでも、持ち替えるには出して用意する必要も有るので、練習の時は良いが、実際に演奏でやろうと思うと意外に面倒になってくる。

そんなときにこのアダプターがあるとトランペットでも柔らかめの音色が欲しいときにとても便利に使えるのだ。

通常はパリッときらびやかなトランペットの音色で楽しんでいるのだが、曲によってはあんまり明るい音が似合わない演歌などの時は、フリューゲルホンとかコルネットのマウスピースに差し替えて演奏すると、狙いのこぶしのきいた演奏が簡単に出来るので重宝するのだ。

しかし、出せてもhighB♭までの話なんだが、それ以上となるとトランペット用のマウスピースにしないとちょっと辛くなる。

カップの深いマウスピースでトランペットを演奏するメリットとしては、低音がとても吹きやすくなり、音量もカップが深いと上げやすい。

そんな感じで最近は、物理的にコルネットも持って行っているので、そのままコルネットを使うのだが、コルネット本体で出せる音色と、トランペットで出せる音色は同じマウスピースを使っているのに違いがある。

楽器はマウスピースが8割くらい仕事してくれるのでゴルフで言えばパター的な存在だと思っていて、トランペットの活用の幅を広げてくれるアダプターだ。

ただ、トランペットで使うならコルネット用よりもフリューゲルホンのマウスピースの方が演奏しやすい感じがする。

まぁ意味はあまりないが、アダプターを使う事でコルネットのマウスピースをフリューゲルホン挿して使う事も出来る。