久しぶりにMagicMouse使って見た

久しぶりにMagicMouse使って見たが、やっぱり使いにくいなぁ

隣のLogicoolのマウスと比べて雲泥のさで使いにくい。

当時は、格好と驚きの発想でタッチパネル式のマウスって物珍しくて買ったのは良いが、余りにもスタイリッシュで薄いのでかなり使いにくい。

ただ、二本指でスライドすると画面を遷移出来たり指でなぞるとスクロールしたりとギミックは気に入っているのだが、Bluetoothがよく切れるのだ。

電池は持たないので、置くだけ充電池に代えて電池は使わなくなったのだが、前に買った一太郎のPremiumバージョンのオマケでついてきたマウスはLogicoolのMX2マウスで普通に買うと1万円以上する高級マウスでBluetoothも3チャンネルあるタイプ。

残念ながら初期版なのでFLOWに対応してないのでFLOW対応のが欲しいなぁとは思っているが、同じLogcoolのトラックボールを使っているのでこちらはFLOW対応で、WindowsPCからMacへとか結構便利に使っている。

なので、外にMacBookProを持ち出すとき、一緒に持っていって使うマウスはLogicoolのマウスにしている。

このオマケのマウスはMagicMouseよりも高くて高機能で、Bluetoothが切れないのでスゴく使い勝手がよく、動かす台は結構どんな上でも使えるのでモバイルマウスとしては最高の出来では無いだろうか。

それにしてもMagicMouse、久しぶりに使ったけどBluetoothが切れなきゃそれなりに我慢出来るんだがなぁ...