新コロナウィルスの影響

中国ではコロナウィルスが猛威を振るう中、嫁も中国から日本の方が安全という事で春節もほどほどに帰国してきた。

そこで、問題は意外なところに派生していて、奈良公園の鹿がおなかをすかせているのでは無いかと言う事だ。

子供の頃、奈良に少しだけ住んでいた時期があって、鹿せんべいを持って、公演に足を踏み入れるた時、鹿に囲まれてしまいスゴい事になった記憶があるのだが、最近は奈良公園に行く用事も無く忘れかけていたのだが、今は中国人観光客に意外に人気があって、鹿せんべいを買って鹿に上げているところを写真に撮るのが流行っているらしい。

そう言う意味で、中国人観光客がこぞって奈良公園に行っては鹿に煎餅をあげていたようなのだが、コロナウィルスのおかげで中国人観光客が激減してしまい、京都も人が少なく結構清々しい感じで俺にとっては良い感じではあるが商売している人はちょっと心配だろう。

なので、中国人観光客の目減りで可哀想なのは奈良公園の鹿達で、日本人観光客は殆どやらない鹿せんべいをこぞって買うのは今は中国人だったが、その中国人がいないため、奈良公園の鹿はさぞかしおなかをすかしていることだろう。

それにしても、今まで人がごった返していたた河原町も人が少なくなって、とても歩きやすい。

この状況は長く続くことはないだろうが、ひとときの安らぎと言った感じかも知れない。

ただ、ほとぼりが冷めればまた、今まで通り人の数は増えるだろうし、これから京都は桜の時期がまっているわけで、それまでには観光客は復旧するに違いない。

それまでも間、奈良公園の鹿さん、少し我慢って感じだな。