ビジネスリュック選び

去年5月に買ったリュックだが、チャックが壊れてしまった。

1年持たなかったなぁと思いつつ、一番手前のコナー部分が1cmほど外れたような感じでアロンアルファで応急処置をしたのだが、いまいち上手く行かず、ボンドのおかげで今以上に悪化する事は無くなったのだが、ちょっと見た目が不細工でテンションが下がってしまった。

そこで、同じ時期に予備で買ってあった値段も半分以下のリュックをタンスから引っ張り出して使う事にした。

俺がリュックを選ぶ基準は、持ち手がしっかりしている事、サイドにチャック無しのポケットがある事、シークレットポケットが背面部にある事、チェストストラップがある事などのこだわりが有る。

高い方は全ての条件を満たしてはいるのだが、1つ妥協した事があって、持ち手はしっかりして良いのだが、ショルダーベルトをバイパスしてついているタイプで、始めてだったのでどういう物か知らずかってみたのだが、これがものすごく持ちにくくて、MacBookProを入れて重量のある状態だとものすごくバランスが悪く持ちにくいのがわかって、ショルダーをバイパスするタイプは選択基準から外す事にしたので、このリュックは再購入する事はない。

安い方は本体に持ち手があって、これは合格、サイドポケットもあるし、シークレットポケットも装備していたりと値段の割には問題無いのだが、チェストストラップが無いので、これは後付けでベルトを追加改造して一往全てを満たしている。

今まで使ってなかったのは、どうにも比較すると質感が悪く良い方を選ぶ心理が働いての事なのだが、今回チャック故障で質感が悪くなり比較して、一度も使って無いので綺麗だし思いきって切り替えた。

物を入れると意外に前のよりも大きく、容量は問題無いし、持ち手が持ちやすくて良い。

普段使っていても手荷物時間もそこそこあるので、2wayでしっかりしている方が良いと体感している。

今も、色々リュックをあさっているのだがいまいち条件を満たす物が見つからずじっくり吟味しているが、この安い方も使い始めると馴染んでくるのか、使い勝手は悪くない。

しかし、ビジネスリュックで検索すると結構ヒットするのだが、思っている機能の物が無いのが不思議でしょうがない。