カシミアのロングコート洗ってみた

スーツはもはやクリーニングに出す事無く自分で洗っていて、ズボンもプレスを使って折り目をパリッと仕上げるのにも慣れてきた。

なので、毎日折り目はパリッとしているのでどこに行ってもドレスコードにひっかかることは無いだろう。

そして、気になるのがカシミアのロングコートで、これはクリーニングに出すと8千円くらいいつも取られているのだが、もう10年以上着ているので、何度かほつれを修理したり高かったので大事に着ていたわけだ。

しかし、そろそろ良いかなぁと思って思いきって自分で洗って8千円を浮かせることにした。

さて、どう洗えば良いのかわからなかったので、取りあえず風呂場に持っていって、お湯を張って洗剤を入れて手もみ洗いと言うのをやって見たのだが、結構汚れていて、お湯が相当汚れた。

一度、汚れたお湯を流して再びお湯を張り直してすすぎを実施してから、めったに使わない洗髪用のトリートメントをセーターなんかに塗ると生地が蘇ると言う事なので、トリートメントを手に取ってコートになすりつけるように塗ってからすすいで、最後は柔軟剤を入れて少し放置して、風呂場で軽く絞り、洗濯機に放り込んですすぎと脱水をやってみた。

ネットに入れるのもコートだけなので特に意識せずそのまま普通のすすぎと脱水でやってみた。

脱水が終わるとなんだが、手触りが買った時の感じに戻ってさらさらと言うかカシミアの滑らかな肌触りになった様で結構驚いた。

全体的にシワが出来たが、これは最後にスチームアイロンで仕上げるつもりなので、手である程度シワを伸ばしつつハンガーに掛けてベランダで乾してみた。

全体的な型崩れは無かったが襟とかにしわが寄ったくらいで特に問題は無さそうだ。

カシミアと言っても動物の毛なわけで、シャンプーやリンスするのと同じなのかなぁ。

まぁ縮んだりと言う事も無く、しっとり良い感じになった様に思う。

後は乾いた後、スチームアイロンをかけて仕上げて着心地を試して見ようと思う。