サラリーマンの靴

昔は値段だけは高い靴を履いていて革靴は3万円前後と言うのが当たり前だったのだが、手入れをおこたると高くても駄目になる。

そこで、1万2千円くらいの価格帯の靴を履くようになったのだが、ABCマートの革靴はかかともゴムで出来ているのですり減ったら靴底全部張り替えと言う大がかりな修理になるのでメンテナンスは出来ない。

となると、履き捨てで良いのでともっと価格を下げて6千円くらいの革靴をAmazonで色々と吟味して買って見たのだが思いのほか良い。

ABCマートのわけのわからない革靴を買うくらいならAmazonでわけのわからない靴を買った方がマシな事に気がついた。

履き捨てレベルの靴も少なくとも半年は持つだろうからコストを大幅に下げる事ができる。

仕事でどうしてもスーツとなるとスニーカーと言う訳にはいかないので革靴を履かざるを得ないのだが、内羽根、プレーントゥーはフォーマルで良い。

この一見つまらなさそうな靴に見えるが、これが履いてみると思いのほかスーツにぴったりで、靴に限ってはシンプルなデザインが気に入った。

靴は実際に履いてみないとなかなか買えないと思っていたが、思いきって買って見たのだが、サイズ感とかはいつも買っているサイズで問題無かった。

そうなると、6千円くらいでまともに履ける革靴は店ではなかなか買えないし、店だと安い靴は宣伝用で店内に並んで居る高い靴を買わせようというディスプレイなわけだが、Amazonならそう言う惑わしは無いが、結構ギャンブル性が高く、まともなのかどうかは届いてみないとわからない。

とはいえ、買って見ないとその判断も出来ないので授業料的にチャレンジしたが、そうそう変な物をつかませられた気はしない。

取りあえず、フォックスセンスと言うメーカーは俺には丁度良さそうだ。