絶妙に美味しくなったハイボール缶

俺はハイボールの缶が好きで、特にサントリーの角ハイボールは濃いめをよく飲んでいる。

飲めない種類の酒はないので金がいくら有っても足りなくなるので極力安酒で済まそうとしていて、それも濃いめを好んで飲むようにしている。

酔っ払ってしまえば高い酒でも安い酒でも同じ味だ。

最初の何杯かは美味しい酒と安い酒の違いはわかるが、酔っ払うと何のでも同じなので、飲むなら最初から酔っ払うこと前提で飲む。

ただ、これが酒に弱くないのでそこそこ飲まないと酔っ払わないので酔うつもりだと大抵ウィスキーなら1本近く、日本酒においてはほぼ一升、ワインならフルボトル一本、焼酎だけは余りにも感覚がチープ過ぎて好んでは飲まない。

が、実家が沖縄なので、泡盛は好みではないが飲むこともある。

とまぁ酒は好きなので痛風を気にしてビールは控えているので、スコッチかバーボンを楽しんでいる。

その俺が好きな缶の酒というとこのサントリー角ハイボールなんだが、以前はハイボールの独特な味わいで、後口はあまりよく無いが、まぁそんなものだろうと思っていたが、毎日飲みたいとは思わない味だった。

最近、そのハイボール缶にNEWと言うマークがついていたので試しに飲んでみたら、後味が改善されてものすごく飲みやすくなっていた。

ドライな缶酎ハイの様に、後味が実にスッキリしていて残らない。

なんかアクが抜けた感じの味わいで、これは缶酎ハイよりも旨い

大体、ストレートでウィスキーを飲めるくらいアルコールに耐性がないと酒の味の違いはわからないだろうが、このハイボール缶は色々と飲んだ中で一番旨い