いまだに便利なパソコン決裁

一往システム屋なので自社で使う管理システムは自分で作るわけだ。

見積請求システム何てのはオリジナルで作っているので使い勝手は当然良いのだが、自分で使うために自分で作ると言うわけだが、その応用は商売に生かしているのは当然だし、パッケージ化を想定している。

そこで使うのが電子印鑑で、これにはシャチハタのパソコン決裁を使っている。

バージョンは5の時から使い始めて、いまは7を過ぎてCloudになっている様だが、俺はこのバージョン6のまま使っている。

必要なのはAcrobatのアドインでAcrobat DCでもまだ使えるので助かっている。

Dcuworks9でも使えるのだが、Acrbatの様に押印すると言うのでは無く、保存時に押印して保存と言う選び方なので2個押すのが面倒なのだ。

その点、パソコン決裁はAcrobatが有れば簡単に押印できるのでペーパーレスでの運用が簡単に実現出来てしまう。

個人でやっているのでペーパーレスとかも自分次第なところがあって、殆どペーパーレスと言うか、完全ペーパーレスで対応していて、プリンタは楽譜を印刷する時くらいしか使わなくなっている。

白い紙に押印したのをスキャンして画像として貼り付けるのとは違い、ちゃんとシリアル番号や押印回数なんかもカウントしてくれるので良い。