入学式を9月にすると言う無責任

日本の入学式は「さくら」と関連づけづにはいられないはずだ。

ある意味季語と言っても良いくらいに、日本の象徴でもあるさくらと紐付いている。

世界には無いこれぞ日本と言う象徴ではないだろうか。

それを、適当に9月くらいなら丁度よさそうだからと安易に決める事には大反対だ。

何様発言とは思うが、卒業式、入学式にサクラは欠かせない日本人のアイデンティティーではないのか。

それが9月ともなると、台風と紐付ける事になりかねないわけで、中途半端な残暑が続く夏が終わりかける疲弊した時期を入学式にするのは気分が悪い。

世界の事情はしらないが、日本の四季折々の国にとっては4月が最も入学式に適したから長年続けて来たはずだ。

これが、季節感のなくなる未来の空飛ぶ自動車なんかが飛び交う世界ならいざ知らず、まだまだ季節感のある日本なのだから、この国に一番適していると誰もが思う季節を外すなんてよく平気で言えた物だ。

主に世界の入学式は下記の通りだそうだ。

1月…シンガポール

1月末~2月初め…オーストラリア、ニュージーランド

3月…韓国

4月…パナマ

5月…タイ

6月…フィリピン

9月…アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、トルコ、モンゴル、ロシア、中国

10月…ナイジェリア、カンボジア

別に全部9月と言うわけでも無く、その国の季節感で良いと思うのだ。

留学云々あるのかもしれないが、それはその国に留学したければ今まで通り合わせるしかない。

なんでも完でも世界に合わせる必要は無いし、それなら自動車など、これこそ世界標準は左ハンドルの右側通行じゃないか。

右ハンドルの方が少数派で、日本と他はしらないがイギリスくらいな物だろう。

4月に4月の理由があるのだから9月の歌と言えばSeptember rain、9月の雨は冷たくて〜なんて歌があるくらいもの悲しい哀愁の月

入学式には相応しくないと俺は思う。

あー、その間穴の空いた学力はビリギャルもなし得た訳だし、なんとかなるでしょ。どうせ役にたたない受験の為の勉強なんだから。

俺みたいにプログラマーになろうとする奴は自分で独学できなきゃ使い物にならないプログラマー量産するだけだし、他も同じ。

自分の意志があるかないかの厳しい状況だと言う事を教えるのも教育だろ。