会計ソフトは家計簿ソフトで十分

その昔、PCA会計とか勘定奉行とか弥生会計などの大手ベンダーが用意している会計ソフトを使ったこともあった。

勿論、従業員に対する給与や社会保険などなど国の法人税とかそう言った類いに対応する為に必要なんだが、俺みたいなフリーランサーはそこまでしなくても取りあえず、個人の小遣帳を発展させた程度の物でも十分で、自分で自分の使ったお金の流れが把握出来るかが最も重要な事なのだ。

その為に、以前は家計簿出納帳ひかると言う家計簿ソフトを長年使っていたのだが、ちょっと問題があって、現金と口座の残高の移動が非常にわかりにくくて、口座の預金で支払うと現金が増えてとか、何となく実際のお金の流れとは微妙に違う事で頭を抱えていた。

これも、MMTを理解したことで、経済の事が概ね把握出来る様になって、お金の流れがわかる様になってきたので、ひかるのおカネの移動派主流派経済学の教科書通りの動きになっているので結構、実際の動きと違うのだ。

そこで、ソフトを変えて、今はてきぱきマム9を使っている。

これは、非常に良くできていて、現金の動きと、口座の動きは全く関連せずに動かしてくれるので、とても実際のおカネの流れに近い入力が出来るので積年のストレスが解消した。

今は、小銭の財布にいくら残っているかなど1円単位で把握と言うか、表示された金額をみて、小銭の中を計算すると、ピッタリ合うので気持ち良い。

1円単位までピッタリ合わせるのが当然のことなのだが、ひかるを使っていたときは上手くいかず、なんか途中でややこしくなって、あれ~どこで間違ったんだろうと言う事で、また最初から計算し直す事は日常だった。

最一つ、気づいたのだが、勘定科目なんて簿記ではきっちりとするべきなんだろうが、自分でおカネの流れが完璧に把握出来れば、多少違っても直ぐに対応出来るので、とにかく、自分が一番わかり易い入力科目を作って、そこに金額を入れる事で、継続して違和感なく入力出来るし、集計する事で、どんぶり勘定で使うのでは無く、計画的に貯めたり、使ったりと予算建て出来る様になるのでお勧めだ。

例えば、俺はPiTaPaを使っていて、交通費は定期代は出るのだが、多少割高にはなるが、定期を買わずにPiTaPaで利用区間登録だったり、回数制限だったりの設定をしておくと、定期代以上実質かからない等の制度があるので利用している。

その中で、マネーレスでPiTaPaでショッピングも出来るので、ファミマが中心になるが、PiTaPaが使えるお店を限定しておけば、後でCSVが落とせたりするので分析しやすいので、色々なペイメントがあるが、PiTaPaに限定して流れを把握出来る事と、色々あるとそれぞれ分断されるので、1つに纏めて煩わしいとやらなくなるのでとにかく簡単にしたいのでPayPayとかキャッシュバックなんかのサービスがあっても取りあえず今は採用を見送っている。

そのPiTaPaも交通費、交通費割引、ショッピング、ショッピング割引など細かく見ていくと、結構細かく分かれていて、最初は合算で入力しておき、時間のあるときに、CSVを取り込んで、交通費も通勤で使った分と、個人的に使った分やバスなどと分解したり、ショッピングもファミマ以外とファミマ分を分解して、実際にファミマでいくら使ったのか等がわかるのでこれも、分析に役にたつ。

なんせ、少ない給料をより効率良く無駄なく使うには把握する必要があり、そうしないと、貯まる物も貯まらないと言う悪循環に陥るだけだ。

あると思たらいつの間にか無くて、急遽借りないといけないとか言う事になりかねないので、お金の管理と言うのは非常に重要なのだ。

そして、科目わけもPiTaPaと言う科目を作っておけば、集計を見ると、合算がわかるり、他の金額が混じらない様にして小計覧が活用出来る様になる。

これは、支払も収入も全部、一通り合計を入力しておいて、後で細かく分けて、自分のわかる科目にしておけば、後々の分析にすごく便利な集計が出来るのだ。

家賃も家賃一括りで合計だけ入れても良いのだ、その中には共益費や町内会費、水道代なども入ってくるので、これを分けて入力して、小計を見れば家賃総額がわかるし、詳細を分析する事も容易になる。

この辺は固定費とかの勘定科目で入力する金額だが、それだと集計時に固定費の合計がわかるが、細かく見るのは手計算しないといけなくなるので結構面倒だ。

なので、個人で使うには勘定科目では無く、入力科目と言う科目を自分なりに作ってしまえばいいわけだ。

自分の金は自分の概念で管理しないと、上手く使えないし貯められない。

これが、MMTで真実の流れを把握する事の重要性がわかったので納得だ。

政府もとっとと消費税廃止にしてくれないかなぁ

日本には財源の問題は無く、政治家、官僚のアホが問題で、検察のナンバーツーが進んで罪を犯している国なんだから、いくら頭が良くても一瞬で地に落ちる。

良く言ったもので、地位や名誉、金は一瞬で無くなるが、たたき上げてきた知識は経験は誰にも奪われないので独学はとても重要だ。