Windows10 2004アップデート

サブマシンがいつの間にか2004になっていたのだが、メインで使っているXPS8930は1903のままだった。

1909は問題ありと効くのでこれを跳ばして2004が配信されると言う情報をみたのだが、中々降りてきそうもないのでWinodws10アップデート足スタンドで強制的に2004にアップデートしてみた。

今まで調子悪くなかなかアップデートアシスタントでも上手くいかず、何台かはクリーンインストールやら色々と最新状態にするのに苦慮していたが、今回はスムーズに移行出来た。

2004で色々とシステムの改善が見られるのだが、その中Bluetooth接続が高速接続になるような記事があったので、Bluetooth機器は結構多用しているので確認中と言った所で今のところ問題無さそうな気がする。

Bluettoht機器の処理が早くなったのは嬉しい限りで、キーボードもマウスもBluetooothだとBIOS起動時にBIOSエラーが回避出来ないのでこれをなんとかしたいとは思うのだが、BIOS見ても良く解らん感じ。

エラー回避の為に前はわざわざUSBキーボードを突っ込んでいたのだが、これだと知らない間になんかのキーが押されたりする事もあってよく無い。

なので、結局何も余計な事はせずに、BIOSで対応出来ればなぁと思っている。

取りあえず、無事2004にアップデート出来たので様子を見てみよう。

一発でアップデート出来たのでほっと一息だ。

※解っている不具合

2004へのアップデート前はエレコムのゲームパッドを付けたままでもスクリーンセーバーが起動したのに、アップデート後ゲームパッドを繋ぎっぱなしだと起動スクリーンセーバーが起動しなくなった。

これで、モニターの電源も落ちないし、スリープへの移行もしなくなった。

あぁ折角問題解決したと思ったのだが、これでWindows側の問題と言うことが確定した。(Windows10のバグ)