映画 事故物件 怖い間取りを見てきた

映画 事故物件 怖い間取りを見てきた。

感想は面白かった、怖くなかった

なんだが、映画としての布石、掴みを十分練っていてそう言う意味でネタバレしていたと言うのはあるのだが、まぁ教科書通りの映画作りと言う感想だ。

まぁ松原タニシは常にチェックしているので今や怖い話には欠かせない芸人ではあるのだが、本人はいたって霊感があるとか言う類いでは無く、とにかく普通では済まない事故物件に住むという凄まじい根性芸が受けている芸人だろう。

それに語る内容は事実に基づいて多少は盛っているとは思うが映画は山盛り盛っていて、最後はえーっと思ってしまうほど物語になっていて事故物件をテーマにした完成されたホラーストーリーで芸人の生き様に恋愛ドラマ的要素が入り交じって最後は盛りすぎのやり過ぎでちょっと残念。

亀梨ファンにとっては映画の開始早々掴みと伏線が始まり、強引に事故物件に持っていくのだが、本を読んでいたりYoutubeで松原タニシの話を聞いている人には余りにも盛りすぎなのでじわーっとくる怖さは全く無く一般的なジャパニーズホラーに仕上がっていた。

なので、映画としては非常に見応えある様な教科書通りの優等生的な作りではあるが、怖さを求めて見るとがっかりしてしまう。

始まったばかりなのでネタバレはしない様に書いたが、亀梨ファンに向けたソフトなホラー映画だった様に思う。

とはいえ、映画館はガラガラで朝一の時間帯にしたので亀梨ファン的な客はいなかったかな。

まぁ映画的に良くできているので良い作品だとは思うが、事故物件とかの要素はかすんでしまっていて「実話」を元に映画的に盛った映画だった。

比率で言うと、実話要素は2割、後は映画、エンターテイメント要素8割の怖い話フリークにはとても怖くない映画だった。

しかし、最後まで飽きさせない色々な工夫は映画を勉強している人には正に教科書的な例題に上がりそうな映画では無いかと思う。