最近興味があるもの

最近、この電子ドラムに興味津々なんだが、これはローランドのTD-1KV

価格的には島村楽器で5万5千円くらいだった。

この価格ってトランペットより安いのだが、トランペットの格安は中々良いのが見つからない中、サウンドハウスブランドのplaytech PTR-200Sだったかな、これが2万円の銀メッキでBACHのストラディバリウスコピーで一番良かった。

しかし、ピストンとかスライド部分は自分である程度リペア出来る必要があって、こう言う格安楽器だと普通に楽器店にリペア持ち込めないので自分でやる必要があると言う事だ。

ただ、リペア次第ではかなり使える楽器になって、このplaytechのストラディバリウスコピーは鳴りもコピー出来ていて品質は目をつぶるとしても鳴りの良さは中々2万円にしては使える楽器でちょっとお買い得感はあった。

しかし、最近は島村ブランドBurillerのtwinkle-sと言うポケットトランペットが中々ビックリ仰天の仕上がりで、合奏時に真剣に使って見たのだが、相当良い。

ウチの楽団はアニメ、懐メロ歌謡曲、演歌、ポップスが中心でほとんどClassic曲はほぼやらないので丁度良いかもしれない。

凄腕ドラマーがいるにはいるのだが、高齢で体力的にもうシングシングシングが辛いという事でビックバンド系の曲もやらなくなってきた。

なので、今回トランペットはまだまだやる人はいるのだが、吹奏楽団のドラム担当って意外に居なくて、トラペットと掛け持ちしたいなぁなんて思っていた。

しかし、ドラムって簡単じゃないのは良くわかっているのだが、電子ドラムがトランペット買うより安いのでちょっと揺らいでいるところだ。

既に、トランペットは一通り満足が行っていて、HINOモデルのカスタマイズとZORROの2本支柱カスタマイズも出来た上に、ポケットトランペットにプラスチックトランペット、はたまたスライドトランペット、フリューゲルホルンにコルネットとトランペット担当の範囲内は一通り賄える。

唯一、ピッコロトランペットは持ってないのだが、Classic曲をやらない楽団だとまず、ピッコロトランペットなんて出てこないし、楽譜も少人数版をあえて用意しているのでなんか欲しいと思わないのだ。

なのでピッコロトランペットを買うくらいなら電子ドラムの方が断然メリットがあると言う考えなんだが、大昔、高校の吹奏楽部時代に8ビート位は練習していて、音階練習時のドラムを叩いていた時期はちょっとだけある。

かといって今更出来るわけではないが、サックスだとキャノンボールのB5が欲しいし管楽器系だとサックスにしたって、これも吹奏楽時代だがちょっとだけ吹いていたのでエントリーマシンでは物足りなくなるのは必至だ。

しかし、軽音関係のギターやドラム、キーボードというのは全く見当付かなくて、どれも高級機に見えるし電子ドラムと言うのがミソで、音源があれば良い音とか関係無く生ドラムの音が出てしまうのだ。

簡単に言うと、楽器の性能と言うよりもセンサーの性能なので非常に見分けずライ部分で、この辺は自分の本業であるソフトウェア絡みなのでどんなパソコンであってもソフトウェア次第でどうにでもなるのは実感しているので電子楽器はエントリーマシンでも十分だろうと思っている。

管楽器などのアナログ楽器と電子楽器は全くアプローチが違うのでアナログ楽器だとそれなりに物理的な製品の仕上がりが重要になってくるし、その見極め等、経験がものを言うところがある。

所が電子楽器だと単純に叩けば鳴るので後は操作性だけの問題で、手足のバランスが取れればドラムは容易いとは言いがたいが、同じ初心者としてドラムを始める生徒としては直ぐにある程度演奏出来るレベルになれる気がしている。

勿論、トランペットで演奏している曲だし知っている曲になるのでリズムもある程度解っているのでとっつきやすいはずだ。

ロックとかメタル、ジャズなどのドラムを叩くと言うのではなく明確に曲がきまっていて、その曲を演奏するときの補助としてのリズム担当レベルで良いのだ。

バンドを組むとか言う話ならまったく話にならないが、ちょっとトランペットを置いてドラムを叩いてみると言うだけで良いと言うだけなら年内になんとかやれそうな気がしている。

モチロん楽器はそれなりに難しいしドラムはかなりハイレベルな鍛錬が居る楽器なんだが、最も底辺のエントリードラマーとして、メトロノーム代わりになれれば良いので、そんなにハードルは高くないと思う。

これをトランペットに置き換えて考えて見ても、トランペットの場合3rdであっても2nd、1stで有っても鳴らせる音域はさほど変わらないのだが、1曲吹ける様になるまではかなりの練習が必要で、音を鳴らすだけでも時間がかかる。

所がドラムの場合はスティックを太鼓にむけて叩きおろせば音はなる。

トントントンと鳴らすだけでも合奏に参加する事は可能で勿論、リズムがずれないと言う必要はあるし、2,4とか1,3とかの専門用語的な話ではあるが、ある程度8ビートが出来れば楽曲のほとんどは4/4拍子なので大丈夫だろう。

それなりに飾り付けは出来ないにしてもズンズンチャッチャズンズンチャッチャと鳴らしていれば合奏になるはずだ。

と言う事でちょっと電子ドラムに興味津々な今日この頃だった。