俺が嫌いなオカルトビジネス

ドルチェと言えば高級楽器店で昔の大塚家具みたいな格式のある楽器店だと思っていた。

所が、EXT処理なんて言うオカルト商売をやっているとはビックリした。

それも、木管、リードなどの木製のものまで出来るとホームページに書いてあってもう底辺レベルの楽器店だった事が露見した。

楽器自体はドルチェで買った事は無いが、シルキーのトランペットを買うときが来たらドルチェだなと思っていたがやめだ。

このEXT処理はドルチェではエクスト処理と言っているが、全く処理の中身をわかって無いしこの処理をして良くなったと言う馬鹿も非常に多い。

根本的な事を言うと「真鍮」と言う金属で作られた多くの楽器は同素変態が起きない金属だと言う事を知っていた方が良い。

金属において焼きが入る入らないと言う処理になるのだが、同素変態が有名な材料は鋼だ。

いわゆる刃物に使われる材料で、同素変態の性質を利用して堅くしたり焼き戻しして柔らかくしたりと言う事で金属の性質を変化出来るのだ。

このEXT処理と言うのは、こう言う金属の性質部分のみを取り上げてどんな金属でも出来るという間違いを起こしているに過ぎない。

金属を知らなすぎるわけだ。

真鍮と言う材質は銅と亜鉛の合金であって、同素変態しないことで知られている金属で、要するに焼きが入らない金属なのだ。

加工時に温度を高くしたり、冷やしたりしても常温で元の分子構造に戻ってしまう性質の金属で何にも変化が起きない事が証明されている。

これが、焼き入れ加工の真実であって、真鍮で作られた楽器やマウスピースは全くなにも変わらない。

ただ、冷凍庫にいれてガンガンに冷やして常温に解凍しただけで何も変わらないと言うのが明確な事実だ。

それなのに、処理をしたら吹奏感が変わったとか抜けが良くなったとか、それは単にそう言う演奏が出来る様になった個人のスキルの問題で金属変化で出来る様になったわけではないと言う事が明確な事実なのだ。

処理をするとプラシーボ効果で良くなるんだと言う思い込みがあり、自分のスキルが上がる事と同じことで、これは昔に薬品で単なる小麦の塊かなにかを頭痛薬だと飲ませると頭痛が治ると言う実験結果からプラシーボ効果と言うのは実際に起きる事で、思い込みの激しい人に多い傾向があるわけだ。

なので、物理的に変化を起こさないのが事実なのに、効果があると言うのは嘘

嘘と言わないまでも大間違いで同素変態しない金属それが真鍮なのだ。

参考までに同素変態する事で知られている金属は下記の通りで括弧内の数値は同素変態数だ。(同素変態は分子構造が変わる点)

リチウム (3) ,
ベリリウム (2) ,
ナトリウム (2) ,
カルシウム (2) ,
スカンジウム (2) ,
チタン (2) ,
クロム (3?) ,
マンガン (4) ,
鉄 (3) ,
コバルト (2) ,
ストロンチウム (3) ,
ジルコニウム (2) ,
スズ (2) ,
ランタン (2) ,
セリウム (3?) ,
プラセオジム (3?) ,
ハフニウム (3?) ,
タリウム (2) ,
トリウム (2) ,
ウラン (3) ,
プルトニウム (6) 。

この上記に上げたリストにある金属を使った楽器はおそらく存在しないだろう。

スズなどは同素変態が低温で起こる金属で19世紀のモスクワの博物館に展示してあったスズのオブジェが突然壊れたと言うスズペストと言われる現象が発生した事で有名でスズの変態点は18度で-40度以下になると同素変態が発生し、急激に膨張する為、オブジェが壊れ始めたと言うわけだ。

何れにしてもこの温度変化に対し、意図する加工ストレスの解消とさもそれっぽい信じてしまうフレーズに騙されEXT処理と言う騙しのテクニックにまんまとのせられてプラシーボ効果に填まってしまう。

事実は事実として真摯に向き合い、プラシーボ効果でそう感じる事に何の意味があるのか俺には解らない。

信じる者は救われる世界と何ら変わらない。

普通に鍛錬してスキルを上げるのも一つの手段、プラシーボ効果で上げるのも一つの手段でそもそも本人にその素質があったから手に入れた吹奏感なのでその事には何も言わないが、それはあくまでもプラシーボ効果が効く人であって、俺の様に超合理主義懐疑主義な人間には一切通用しないと言うお話だ。

ただ、プラシーボ効果を商売にするのは医療の世界では当たり前の用で、そもそも偽薬効果とも言われ治療の難しい人を喜ばして症状を和らげると言うわけで、実際に治るので脳を騙すと言うのは中々侮れないのだ。

なので、楽器に魔法をかけたと言われて良い演奏が出来る様になると言うのがこのEXT処理だと言う事だ。

しかし、情けなくないかい。

自分でやれば出来たことを最後の最後、プラシーボ効果を期待しないと結果を得られない事に。

だから俺はEXT処理なんかはやらないし意味が無いとわかっているのでプラシーボ効果にすらならないのだが、これを施術する人はそれをわかってやって欲しいと思っているだけだ。

勿論、偽薬だと解っていてもプラシーボ効果と言うのは発生し、偽薬でも効果は出る事も知られているしそう言う実験もされて証明されている。

なので、加工ストレスが無くなると言う事は発生しないし同素変態が起きない金属なのでただ冷たくしただけだけど、余分に3万円も大金を払ってプラシーボ効果を試したと思ってくれればそれでいい。

言い方を変えればEXT処理と言う事でおカネを払ってもらえれば、プラシーボ効果を掛けて上げますよと言う商売に対し実施すれば良い

しかし、説明している事は一切事実ではないので俺が言いたいのは嘘をつくなと言う事で正しく商売をして欲しいと思っているだけだ。

まず、真鍮がどう言う金属なのかを知るべきだろう。