また極激辛たべてみた

辛党の俺が驚く辛さのペヤング極激辛やきそば

流石に一回目はどのくらい辛いのか解らなかったが、辛さは本物だろうと言う事で最上級の辛さ対策で挑んだが、今回は普通にチャレンジする事にした。

但し、マヨネーズをかけて俺の好きな味に変えてみたのだが、普通に辛い

この極激辛やっぱり辛い

変な汗が止まらない

慌てて沸かしたお湯をティーカップに入れてベロをケアした。

暑いお湯にベロを泳がせると辛みが取れるので普通の状態に復帰出来るが胃に入った極激辛の存在感は残ったままなので、また胃薬を飲んだ。

この極激辛食べた後胃薬飲んでおかないと明日ヤバいことになる。

あぁマジで辛い

けど、旨い

この極激辛いつでもコンビニで買えれば良いのになぁ...

しかし、この辛さは罰ゲームだ

辛いの苦手な人は絶対食べない方が身のためだ

ただ、辛さというのは味覚じゃ無いので慣れれば食べる事はさほど難しく無い。

最初はCoCo壱番屋の10辛を入門に普通に食べられる様になれば、次にこの極激辛をチャレンジしてみると良い。

この極激辛はCoCo壱番屋の10辛よりも辛いので10辛が辛いなんて言っているウチはペヤングの極激辛焼きそばを食べるのはキツいだろう。

少なくとも10辛が辛さのデフォルトに感じるレベルであれば楽しめる辛さがこのペヤング極激辛だと思う。

いやぁとにかく辛いわ。

あっ極辛の極は地獄の獄だった。

夜の七時頃たべたんだが、翌朝5時前にトイレに起きた...

しかし、激辛の香辛料のかたまりだろうか腸のなかに存在しているのが解るほどうっすらと便意があるがしばらくトイレに座っていたがまだ出ない

その後、6時前に再度便意が...少し出たようだ

食事は食べてから16時間後に排泄と思っていたのだが、概ね10時間位で獄激辛は排泄する様な体のつくりになっているのか、とにかく体は早く出したいということなんだろう。

ただ、食べるだけでは無い、半日は極激辛の余韻と格闘する事になるのでマジであかんヤツだな。