Asahiのレモンクラフト飲んでみた

Asahiからレモンクラフトと言う新製品が並んでいたので飲んでみた。

いつもは、サントリーのハイボール缶が2代目で味が変わって非常に飲みやすく美味しくなったのでもっぱらハイボール派になってしまい、サワー系は甘いので敬遠していた。

だが、たまに出るこの手の酎ハイは味見的に飲んでみる事にしている。

そこで、この2種類のレモン酎ハイ?を飲んでみた。

結論は、黄色の方が断然旨い。

黄色の方はもう一本欲しくなるが、緑の方は、一本目で、まだ残ってると言う気持ちになった。

黄色の方はレモンの風味爽やかに爽快感があって、とても飲みやすいのだが、緑の方はなにか酸っぱい味が強すぎて爽やかに感じ無い。

恐らく、つまみによると思うのだが、揚げ物には緑があうと思う。

何も食べずに飲むだけなら黄色、食事の宛てに飲むなら緑と言う選択になる様に思った。

理由は、黄色は飲み物としてのうまさを追求している味覚重視だが、緑は少し苦みと言うかドライな味なので食べ物と一緒に飲むと食べ物の味を引き出してくれるまるで日本酒の様な性質のサワーに味付けされている様に思う。

なので、何かを食べながらと言う場合には緑を選べば良いので、最初は緑、食べがおわり、飲みが進み始めたら黄色に変えると言う飲み方が理想かもしれない。

飲み中心なら最初から黄色にしたほうが無難な気がする。

よって、酒飲みの俺としては黄色だけで良い。

しかし、まぁ今まで出ているレモン系の酎ハイとなにか特別に変わったと言う印象は無い。

やっぱ、この手の甘いのは好みじゃ無かった。