ガラポンをSSDに換装して3週間

ガラポン6号機のHDDをSSDに換装して3週間が経った。

容量も500GBから1Tへと増量しているので、丸ごと一ヶ月以上の番組を保存できる様になっているはずなので、一ヶ月のカレンダーが丸ごとどの番組でも視聴出来るようになるわけで、非常に便利極まりない。

朝はリアルタイムであさちゃんの夏目三久をみてから出勤するわけだが、それ以外の番組は、まず見ない番組は「有吉」が出ている番組、「ナンチャン」が出ている番組、「とんねるず」が出ている番組はパス。

全く面白く無くて、ファンなら見られるだろうが客観的に見て俺にとって全く面白くない。

それと、「はるな愛」が出ている番組も見ないが、こいつは最近出なくなったので特に問題無いな。

基本的におかまなのに「女」と言うヤツが気持ち悪く感じてしまうので、マツコはギリセーフでマツコは女とは言わないのでエンタテイナーとしてOK

トランスジェンダーに対して俺は全く受け入れる事ができないので、LGBTは拒否する派だが、エンターテイメントとしてなら「あり」なので、ドン釜ワールドなんかは見に行ったりする。

要するに、生き物原理主義と言う考えに経つと、生殖機能を果たさない生き物は淘汰されるべきだという考えで、これが野生の世界なら生きていくことは出来ないわけで、人間界への甘えを正当化している時点でアウトなのだ。

もう少し突っ込んだ言い方をすると、例えば、ライオンのおかまが居たとするとそのライオンは果たして野生で生きていけるのか興味がある。

オス通しで交尾するだろうか。メス通しで交尾するだろうか。

それが生き物としての人間の原点であるのは変わりないので、妥協してエンターテイメントとして見る様に出来るかがポイントになっている。

極力、LGBTに対してはエンターテイメントとして接しているので直接的な何かをすることは無いが、話をしてしまうと、生き物原理主義を説いてしまうので、直感なのか、そう言った手前は近づいてこないし近づかないオーラを出している。

まぁテレビ番組にそう言う脳障害の異常者が出ないことを祈るばかりだ。

ガラポンにしていると不意に見る事が無く、選択して見る事ができるので自分自身のストレスの回避にもなって精神衛生上非常に良いツールだな。

ガラポン導入は、毎月1350円かかるけど必要経費として経常するしかない。

あぁ、SSDに換装したことを書いてなかったが、元々のHDDの性能も高性能で、200mb/sも速度の出るHDDなのでSSDに買えたからと言って極端な快適性は望めなかった。

SSDに換装すると概ね800mb/s(SATA接続)ぐらいにはなるので、全体的なパフォーマンスが上がった実感はある。

それと、一瞬画面が真っ黒になっても復帰が早くなったが、その現象自体は未だに発生するのが気になる。

これ、酷いと再生の最初に戻ってしまうのだが、これはSSDに換えても起こるので、本体の問題だろう。

それを踏まえてリカバリーが早くなるSSDは相対的に快適になったので妥協せざるを得ない不具合だな。

なんなんだろう。

電波の受信感度は良いし書き込みにはSSDで、ネットはIPoE接続で快適なんだが、そもそもガラポンサイトがIPoEに対応してないから意味が無いのかなぁ。

もう少し通信速度に関しては調整してみるか。