俺の武装トランペット

ここに、カスタムZORROとベストブラスの7Eを装備したトランペットがある。

これが俺には武装トランペットでこの状態だと何でも演奏出来てしまう。

ハイトーンも問題無くとにかく超鳴る状態を作り出せる。

恐らく、荒っぽい音色になっていると思っているので、この武装状態でもう少し優しく息を入れるようにしてメローな感じになる様に練習しているわけだ。

ZORROとベストブラスのマウスピースで7Eの組み合わせは俺には最強で、練習後半でもハイトーンがある曲があっても支障無く演奏出来るのだが、まぁ疲れている状況でならすので、細かい制御が出来ず、ちょっと荒っぽいトランペットの音色になってしまうのでそこを調整中だ。

曲にもよるが、その状態で阪神タイガースの六甲おろしが来たら、その状態が逆に良い感じになるのだが、ベストブラスのマウスピースで7Eは、上から下までとくに支障無く音を出せる様になったが、うかつにならすととにかく激しくなってしまい、俺の嫌いなBACHの音色に近づくので注意している。

今日の練習は何故かスゴく調子良くて、最初から最後までバリバリなってしまうので、ちょっと抑え気味に調整したくらいだ。

まぁこういう時もあるんだろう。

今まではベストブラスのマウスピースで7C改を中心に使っていたのだが、7Eメインに使い出していて、上から下まで、演歌からアニメまでZORRO1本で行こうと思ったので、優しい音色からインパクトのあるトランペットらしいファンファーレ的なスタッカートやアクセントのある音色までこなせる事がわかってきた。

と言うか、ようやくベストブラスの7Eを扱える様になったと言う方が正しいのだが、当初はとにかく鳴るけどペラペラな音色になる傾向が強く、低音になると扱い難くなったりと浅いカップのまんまの音色になっていた。

それも、練習で使い続けていると、だんだんとつかめる様になったと言うのか、不思議な状況なんだが、カップが浅いのに気にならなくなって、どんどん力を抜いて演奏出来る様になってきたのだ。

このマウスピースはとにかく力むとならなく鳴るので、力まずリラックスな唇コンディションを作った上でないと中々上手く扱えなかったマウスピースでお蔵入りするところだったのだが、今日はかなりリラックス出来ていたのか、唇に当たる感触がどのマウスピースを当てても解らないくらい、同じに扱えたのだ。

俺が使うマウスピースはベストブラスの7E、7C改、7Xの3本でこれを使い回しているのだが、今までは7C改の使用頻度が多く、その理由としては全音域で扱い易かったからで、低音から高音まで取りあえず問題無く演奏出来るからだ。

そこに、7Eはものすごくカップが浅くなって、うかつにならすと音が軽くなりいわゆるペラペラな易っぽい音色になってしまっていたから使うのを疲れた時に致し方なく使っていた。

そのマウスピースなのに、なぜかカップの浅さを感じない感覚になっていて、そうなると、そもそも反応の良いマウスピースなので、キレキレな合いの手で刻んだ音を出せたり、ロングトーンで音を揺らしたりと遊べる余裕が出てきたのだ。

そこにZORROのカスタマイズ2本支柱の鳴りの良さと組み合わさった事で最強の武器、いわばリーサルウェポン状態になったのは喜ばしい事だ。

なんか、今日は調子良いと感じた一日だったなぁ

今度の練習でも継続してくれれば良いのになぁ...