やはり、年内の吹奏楽練習は中止になった

今月に入って生涯学習センターの休館が決まり、予定では15日までだったが、休館が決まったときに、もう今年は年末まで中止だろうと思った。

なので、楽器を洗うなどメンテするためにケースから全部だしていた所、年内練習中止のメールが飛んで来た。

やはりそうか...残念。

早々、期間を決めてできる様な状況じゃないわけで一度休館になると長くなる。

それに、年末だし慌てて再開するくらいならこのまま休館にしてしまうと考えるのが合理的だ。

年明けも恐らく1月中は様子身で再開するとは言っているが、俺の予想では1月も駄目だと思う。

何故かというと、吹奏楽の練習にフェースガードを付ければOKと言う訳のわからんルールを決めるような考えなんだから合理性が全く無い判断をしている。

もっと、現場を見て合理的に判断出来る責任感のあるトップがいれば良いのだが、居ないようで、そうなればリスクを負わないのがある意味合理的だ。

だから、疑わしくは休館の選択になるのは必然だろうな。

別に休館になったからと言って俺自身がダメージを食らうわけじゃないので何の問題も無いわけだが、まだまだ吹奏楽を自由に楽しめる時期にはないらしい。