島村楽器のポケットトランペット

このポケットトランペットは島村楽器で2万6千円ほどだが、十分買いだ。

Amazonで買った1万円のポケットトランペットとはまるで違い、ピストンがちゃんと並行になっているのが良い。

って、当たり前のことなんだが、なんとAmazonで買ったポケットトランペットはピストンがよく見ると微妙にずれていて並行では無かったのだ。

これがそうなんだが、バルブの位置が真横から見ると1番が少し下に下がっているので、演奏する分には出来ないわけでは無いのだが、一度合奏で使って見たら、案の定オイルはしっかり行き届いているのにバルブが戻ってこなくなった。

音色は嫌いじゃないので合奏でも使いたかったのだが、一曲吹くとピストンが根を上げて戻らなくなる瞬間があるのでちょっと物理的に使えなかった。

普通に練習として使うには問題無いのだが、演奏出来なければ意味が無い。

と言う訳で、ポケットトランペットはちゃんとした物を買おうとCarrollBrassのN3000 ALLサテンと決めて見積をとると79200円と安くない。

そんなときに島村楽器のBuriller TWINKL Sと言うポケットトランペットに出会ったわけだ。

そんなに期待はしてなかったが銀メッキの質もなかなかだし、ベルに中途半端な柄が彫ってある。

このポケットトランペットは今は合奏で特にアニメを中心にあえて使っていて、アニメ曲を演奏する時は、観客に小さいお子さんが多いのである意味ネタとして使っている。

とはいえ今年はコンサートが開催されなかったので、人前で演奏する機会が無く、練習でしか使ってないが、十分普通に合奏で使える楽器は証明出来た。

演奏中にピストンが戻らないと言う事も無く、POPSから演歌、アニメまでそつなくこなせるのに重宝している。

が、ポケットトランペットはとにかく持ちにくいのが未だに慣れない。

ずっと持っていると手が痛くなるのでこれをなんとかなればと研究中

ポケットトランペットの良さは小さいので持ち歩きには便利だが、決して軽いわけでは無く、長さが一般的なトランペットと同じなので、当然使っている材質も同じと言う事は、重さも変わらないと言う事だ。

このポケットトランペットは900gだったか1kgだったかで普通のライトウェイトトランペットと同じだ。

ただ、巻が強いので音色は重くなる傾向で、明るくも吹けるし重くも吹けるのでコントロールするのは面白い。

それに、顔に違い分音をモニターしやすく自分の音が良く聞こえる割には、外に出る音もそれなりに大きい音を出せるのでベルは10cm弱なので一般的なトランペットの12.7cmからすると少し小さいが、ホールで演奏する分には支障はない。

最近は、趣味として楽器を始める人もそこそこ増えてはいるが、殆どサックスでトランペットを選ぶ人はまず居ない。

たまに居るにはいるが、そのしんどさに挫折率も高く、結局残らない。

そんなときに、ポケットトランペットは持ち運びも楽ちんで、最初に演奏するのであれば選んでも問題無いと思う。

このポケットトランペットだが、ユーフォを吹いている人には非常に難しいらしく、ユーフォは普通に演奏出来ているのにポケットトランペットは音が出せないでいる。

普通のトランペットは演奏出来るのに、ポケットトランペットは難しいそうだ。

トランペット吹きなら細小は近いので違和感有り有りだが、直ぐになれるのでトランペット吹きなら問題無いだろうが、チューバとかユーフォとか大きめの管楽器奏者の人にはトランペットでも小さいのにポケットトランペットは更に小さくなって非常になれるのに時間がかかる、若しくは慣れないらしい。

だが、最初の楽器がポケットトランペットなら固定概念がないので顔に近い楽器は直ぐに受け入れられるのでは無いかと思う。

この島村楽器のポケットトランペットは意外に楽しい

ちなみに、ポケットトランペットって普通にトランペットのカテゴリーで使える楽器なので合奏で使っても何ら問題は感じ無い

とはいえ、BRILLERの前にAnazonで買ったポケットトランペットはどうにもならない楽器で合奏で使えなかったけど、島村楽器のBRILLER Twinkl Sは普通にトランペットなので問題無い。

何が違うかと言うと、ベルの大きさが違うので幾分音が小さいのかもしれない。

ただ、これはちゃんとモニターしたわけでは無いので、顔に近いので自分の音がモニターしやすくより力を抜いて演奏出来るので小さい音で出力しているので、おもいっきり普通に吹けばそれなりになってくれいるはず。

合奏で使っても特に支障は無いのでちゃんとなっていると思う。

だいたいトランペットやってるヤツはそもそも嫌いなんだが、自分の知識が全てだと思っているヤツ多過ぎなんだよなぁ。

それにBACH信者の多い事多い事

別にBACHの楽器が嫌いなわけでは無いのだが、BACH吹いてりゃそれが一番いいなんて思っている時点で、はーっ?ってなってしまう。