最後に買ったYAMAHAマウスピース

ポケットトランペット用にYAMAHAのマウスピースをあてがう事にした。

TR-9C4なんだが、YAMAHAのマウスピースは色々と買ったのに、何故かこの9C4を買い損ねていた。

マウスピースは内径で決めるので今はBestBrassの7シリーズで迷走から脱出できたのだが、YAMAHAのマウスピースは番手が同じでも内径が違うと言う迷走の入り口でこの仕様のおかげで自分に合うマウスピースに辿りつけなかったのだが、何故か9C4が入ってなかったのだ。

理由としては金メッキ仕様が用意されてないからだろう。

基本的にマウスピースは金メッキを買うので銀メッキはパスしていた。

結局辿りついたのはBestBrassの7C改だったのだが、内径が重要だと言う事がわかって、同じ内径のYAMAHAのマウスピースがたまたま9C4と言う事なのだ。

であれば試したくなるのが心情で、もうYAMAHAのマウスピースは買わないつもりだったが、新品で1700円なら買いだった。

サウンドハウスで電子ドラムを買ったときのポイントを使って1761円なら悪く無い。

で試して見たかったTR-9C4は思った通りばっちり!

お気に入りの島村楽器のポケットトランペットに使って見たのだが、これで楽団の曲は全曲対応可能になった。

このマウスピースをQueenBrassのZORROとHINOで使いたいところなのだが、実はどちらもBestBrassのマウスピースに合わせてギャップ調整をしているのでYAMAHAのマウスピースが装着出来なくなってしまったのだ。

(その後、YAMAHAのマウスピースの先を少しだけ削ったら使える様になった)

YAMAHAのマウスピースは先が細長いようでマウスパイプに深くささるがBestBrassのマウスピースは少し短くギャップがあったのでその隙間を埋めたら、YAMAHAのマウスピースはギャップ埋めの部分に当たってしまい刺さらなくなってしまったのだ。

なので、何も調整してないポケットトランペットならちゃんと刺さるので使えると言うわけだ。

まぁ銀メッキのマウスピースはほぼ持ってなかったので丁度良かった。