サージカルマスクは要らない

なんか、サージカルマスクを売りたくて、飛沫がどうのと言っているが、どうにもシュミレーションに意図的な瑕疵が見て取れる。

フェースガードしかり、なんか信頼に値しない。

一番信頼出来るのは、自分の経験だ。

これだけコロナが蔓延している中で市販の布マスクしかしてないが今だ感染していないわけだから、今のやり方を変える必要は無い。

それよりも、最も問題なのはサージカルマスクではメガネ族は前が見えなくなると言う欠点があってそもそも使う気になれない。

そこで、登場したのがマスクフレームでこれは画期的でどんなマスクしても使えるので、この手の布マスクにはうってつけなのだ。

デサントのマスクはそもそもセンターにフレームが縦に入っていてそれだけで眼鏡が曇るのを防げるのだが、他のマスクは大抵曇る。

眼鏡が曇る原因は、鼻とマスクの隙間から抜ける息で、それが直接眼鏡にかかると曇るので、鼻の頭にフィットさせるプレートがあるマスクが非常に多いのだが、これは全く役にたたない。

一番良い方法は、眼鏡自体で抑える方法なんだが、眼鏡にもいくつか種類があって、鼻の部分を抑える金具のあるタイプとそれが付いて無いタイプがあって、鼻の押さえがないタイプの眼鏡はちょっとマスクを抑えにくくてここを抑える眼鏡のパーツを色々と考えている。

それまでは、このマスクフレームが非常に役にたってくれて、例えサージカルマスクをしたとしても中にこのフレームを入れておけば眼鏡の曇らないかけ方が出来る。

何れにしても息を下に逃がすと言うのが基本なので、それがやりやすいタイプのマスクかどうかが購入のポイントになっている。

こう言う、黒のガーゼ付きサージカルマスクもこのマスクフレームがあると眼鏡が曇らないかけ方が出来るので非常に助かるのだ。

この黒のマスクはユニチャームの超快適マスクなんだが、最近黒が売ってないなぁ..

しかし、最初このフレームを見たときなんだこれと思ったのだが、ウレタンマスクなんかだと息を吸ったときに凹むのが嫌いでなんかあれみっともない。

しかし、このマスクフレームを入れているとペコペコ凹まないので今はどのタイプのマスクでも問題無い。