最近お気に入りの布マスク

これは、Amazonで2枚セット989円の布マスク

洗濯するとシワシワになるので干すときに良くシワを伸ばして叩いて真っ直ぐにして干さないと後が面倒になるが、慣れれば大したことは無く乾いてもアイロンをかけずに使える様になる。

この布マスクだが、着けるときはマスクフレームを使う必要がある。

マスクフレームをインナーとして使う事で、眼鏡の曇りから解放される。

この眼鏡の雲らなさがピカイチで、他のマスクはマスクフレームをしていてもちょっとずれたりかけ方が悪くなると曇るので、その都度位置を調整しているのだが、このマスクは調整いらずで一日中曇らずにかけ続けることが出来た。

これは画期的で、毎日パソコンと向き合いながらもマスクをかけて仕事をしている訳だが、パソコンの前では近近両用眼鏡をかけないと画面の文字が読めなくなるので一日中眼鏡マスク状態で仕事をしている。

もう、慣れたのでそれ自体は問題無いが、他のマスクだとちょっとずれたりすると曇ったりするのだが、これはとにかくずれない。

まぁ俺の顔にサイズ感が丁度良いのかもしれない。

余りにも調子が良いので、最初はネイビーを買ったのだが、黒と白を追加してこのマスクの3色のカラーバリエーションをコンプリートした。

それに、このマスクの白が中々良くて、スーパーホワイト的に質の良い白で、不織布の白とも違い、なんとも質感の良い白でかなりお気に入りだ。

ちなみに、黒の不織布マスクなんだが、1日しててもまぁ見た目は綺麗だけど、恐らく周りに菌が一杯ついているだろうからアルコール消毒して劣化するまで5日くらいは使えそうだ。

この形のマスクはマスクフレームとの相性が良くて、この不織布のマスクも眼鏡が曇らない。

フリーツのおかげで、上下に引っ張ってマスクフレーム丁度位にセットすると良い感じに眼鏡が曇らない。

見た目でもしっかりマスクしている様に見えるのでまぁ世間目線でも問題無いだろう。

マスクしてても感染の予防には一切ならない訳で、自分の飛沫が直接飛び散らない、飛び散らせないと言うだけの効果しか無い。

理由は簡単で、コロナ感染者の殆どが、普段からしっかりマスクを着けているのに感染しているのを見てもマスクの効果は一切無いと言うのは明らかだ。

何で、マスクなんかしなきゃいけないのか甚だ疑問だが、コロナ感染者の殆どがマスクしてないとか言うなら理由はわかるのだが、ほぼ100%マスクしている人が感染しているからなぁ。

それに、面白いのは、家庭内感染が6割をしめていて、飲食店での感染者はかなり少なく、嫌いな東京都知事がしょっちゅう言っていた夜の街関連はコロナ感染者の割合としては2%だってさ。

もっと嫌いな大阪府知事の言っていたパチンコ屋のクラスターは無いのに、パチンコ業界に誤るどころか、名前の公表を正当化している有様。

飲食店の休業要請に対して断っても名前公表するつもりは無いんだとか。

まぁ政府の連中、コロナで頭イカレてるヤツばかりだ。

それにしても飲食店のクラスターって聞いたことねぇし、勿論パチンコ屋もない。

有るのは、スポーツクラブとか病院や老人ホームとかだろ。

最も多いのは家庭内感染で、これは面白い事に一人暮らしでも起きるらしく、体に付いたウィルスを持ち帰って、一人暮らしの万年床とかで繁殖して感染するらしい。

なので、感染する時はどうする事も出来ず防ぎようがない中、自己防衛する方法としては、とにかく人が通らない道を通る。

これしかない。

それと、店の入り口に消毒液が用意してあれば、スルーせずに入る時も出る時もありがたく使わせていただく。

これが自己防衛の方法でそれしかないわけだ。

だって、コロナ感染者のマジで100%がマスクしている人だって言うのはちょっと考えたらわかるよな。