電子ドラムにスピーカーを繋ぐ

ドラム用アンプの比較

動画で紹介されているION AUDIO Tailgater Go Bluetooth対応スピーカーをAmazonで探してみると見つからないのだが、後継機としてGOではなくPlusがある様なので探してみると1万8千円だった。

これならROLANDのPM-10とか100,200よりかなり安いので良いのかなぁと思ってシマムラ楽器の通販を見るともっと安かった。

この値段だとROLANDのPM-100の3分の1で済むのでリーズナブルだ。

ROLANDのPM-100が80W、PM-10が30Wの様だ

動画のTailgater Goは30Wだが、普通に聞こえる様なので、Plusは50Wになっているので、問題なさそうだ。

まぁ自宅練習用なので、30Wも有れば前回にすら出来ないだろうし、50Wも有れば十分だろう。

実は、これを注文する前に、PCスピーカーの使ってないのを繋いでみたのだが、ROMにある曲はまともに聞こえるのだが、ドラム自体の音が小さくてほぼ聞こえない。

パッドを叩いている音の方が大きくて、見てみると4Wしか無くてそもそも駄目なようだ。

4Wから50Wになるとどれだけ大きくなるんだと思うが、室内なら十分過ぎる。

コンサートなんかで使うつもりだとROLANDのPM-200とかのレベルにしないと電子ドラムの演奏は聞こえないだろうが、演奏自体は生ドラムを叩くので問題無いわけだ。

このスピーカーはカラオケ用に開発されたみたいで、PA機器としては流用する状態なんだが、動画のレベルでなるなら十分

ROLANDにもV-drum様の2万円程のスピーカーがあるが15Wで十分使えるので50Wは大きすぎるのかも知れないが、30Wが無いのでしょうがない。

マイクも附属するみたいだが、まぁ良いか。

それにしても、ヘッドフォンを付けて練習しているわけだが、なんか、こう小さな音でも良いからヘッドフォンを外したいなぁと言うのがスピーカーが必要だと思った動機ではあるのだが、スピーカーが4万も5万もするなんて知らなかった。

スピーカーって、PCスピーカーしか買ったこと無かったので高くても3千円とかそんな物だと思ったのだが偉い違いだ。