すき家のすきパスは昼のランチ使えたんだな

すき家のすきパスは200円で買うと、一ヶ月間70円引きになると言うカードなんだが、大体この手の割引は朝食とかランチとかそもそも割引提供しているものには摘要出来ないと思っていた。

当然、朝食には使えないのはわかるし、そんなもんだろうと決め込んで、3回まではチャラで、4回目から割り引き摘要になるので最低でも4回はすき家に行かなくては損するカードだと思っていた。

なので、昼にランチ500円で牛丼とサラダ、卵に味噌汁のセットが提供されているわけだが、その時点で割引になっているのでてっきりこれには摘要出来ないと思っていた。

ところが、朝食は当然、摘要出来ないとの事だが、なんと昼の500円のランチには70円引きが摘要出来て430円で食べる事ができるのだ。

朝は、すき家のまぜのっけ朝食をほぼ毎日食べているのだが、350円で並みのご飯、味噌汁、オクラ、温泉卵に牛小鉢と言う非常に栄養バランスの良い朝食らしく、これをずっと食べ続けている。

そして昼は並みランチ500円か中盛り味噌汁セットの500円で朝と昼はほぼすき家でとっているのでおそらく俺の体は分子生物学から見ると、ほぼすき家の食事で細胞は構成されていると言われるだろう。

分子生物学と言うのは、要するに1年後の自分自身を構成している細胞は全部入れ替わっていて、入れ替わる根拠は食事なので、その食事から摂取される物質で体の細胞は作り替えられるので、今ある細胞は1年後にはまるっきり置き換わっているので今の細胞を1年後は維持出来ないと言う事を研究している学問だ。

なので、体の細胞を置き換える成分はすべて自分で食べた食事なので、すき家率が高いと言う事は、ほぼ俺の体の細胞はすき家で摂取した養分が血となり肉となり、骨となっていると言う事になる。

それだけすき家率が高いとはいえ、朝食とランチだけなので、すきパスには用事が無いと思っていただけに、ショックは大きい。

例えば毎日ランチを食べていたとすると一ヶ月20日で1万円になる。

それが、200円+(500円×20日)-(70円×20日)=8800円

一ヶ月1200円も損はしてないが得してなかったのだ。

年間約14400円と単純計算で得する機会を失っていた事になる。

まぁ毎日言っているわけでは無いので3分の1程度だが、それでも3000円弱は得してなかったことになるのだ。

まぁ3000円程度なのでそう目くじら立てる事でもないのだが、まさかランチに摘要出来るとはすき家のサービスは太っ腹だなぁと感心した。

少なくとも昼のランチを3回以上食べるか、レギュラーメニューの牛丼、カレー、カルビ丼とかにも摘要出来るので晩ご飯で使えば、もっと割引額は増やせるがその分、レギュラーメニューの料金がかかるので微妙なところだ。

たかが70円と言うわけで、この金額設定、微妙な線で損しないように計算して提供しているしたたかさを感じた。

すき家のヘビーユーザなら70円でもそこそこ割引されて得するとは思うが普通、毎日牛丼て訳にもいかないだろうし、10食食って7食分が割り引き摘要で約500円程度は得するので、1食無料くらいの計算かな。

それにしても、ランチで使えるとはなぁ...