ポケットトランペットの有効活用

折角島村楽器ブランドのポケットトランペットを安く買ったのに演奏が辛い。

理由は、手が痛くなるのだ。

左手人差し指で支える形になるので慣れない人差し指が管にあたって結構痛い。

そこで、衝撃吸収タイプのウレタンの余りがあったのでそれを挟んで見事に痛みは解消出来た。

両面テープできっちり貼ろうかとも思ったがそこまでやらなくても演奏中は解らないのでこのまま隙間にウレタンを挟んでおけば良い。

これは普通のスポンジとは違って柔らかいのだが、密度が濃い結構値段も高いスポンジでパソコンのメンテナンス用に取っておいた物だが端切れがあったので嵌めただけだ。

このスポンジだと長く当てていてもいつまでも接触分は柔らかいので楽器にも指にの優しいので良い感じだ。

この島村楽器ブランドのBRILLER Twinkle Sというポケットトランペットだが今は別の名前になっていて値段も1万円上がっていた。

俺が買った時は2万3千円だったのだが、前にAmazonで1万円以下のポケットトランペットをネタで買ったけど、これは最悪でピストンの高さが微妙にずれていて流石にそれはRepair出来ないので諦めたが、音色は悪く無かったのだ。

そこで、まともに使えるポケットトランペットでCarol BrassのN3000だったかを買うつもりだったのだが結構良い値段するなぁと思いつつ、島村楽器のショーケースにあったこのポケットトランペットを試奏させてもらって一発で気に入ったわけだ。

勿論、合奏で使っても何ら問題無い音色で普通のトランペットと変わらないが、ベル径が小さいのでボリュームのピークが違うくらいで問題無く演奏できる。

何よりも、このポケットトランペットは全体の仕上がりが良く、ピストンはヌルヌルと非常に滑らかに動くが、最初は微妙にひっかかる気がしたのできっちりRepairはした。

ポケットトランペットは普通のトランペットと違い、より顔に近くなり音のモニターもしやすく練習にも持って濃いて、指の痛さが無ければと思っていたが、これで解消したのでより出番が多くなりそうだ。

重さは約1kgと普通のライトウェイトタイプのトランペットと変わらないが、巻が細かいので音色はヘビータイプよりの音色でこじんまりとしていると扱い易くてビブラートも掛けやすい気がする。

決しておもちゃの楽器では無くしっかりとならせるトランペットなのでビジネスリュックにも入るサイズは結構便利で、少しの隙間があれば突っ込む事ができる。

吹奏感も悪く無く、巻が細かいとどうなるか興味があったのだが、意外に抵抗が強いという感じは無く、程よく吹奏抵抗があるので上から下まで鳴らしやすい。

後はベルが短く小さいので音色の余韻は残念ながら物理的に無理ではあるがわずかな違いなので気にしない事にした。

小さいのにインパクトがあって楽しい楽器だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました