さよなら手書き7Pro試して見た

昔、嫁の入管に出す資料が面倒で今はPDFがダウンロード出来るのだが、前から有ったと思うのに嫁は紙を持ち帰って来ては俺に書いてくれと言う。

自分の事なんだから自分でやれよと思うのだが、そこは愛情深い俺の事なので全部対応している。

しかし、今更手書きは面倒だし何度も書くのも嫌だし、書いた記録を残したいと言うのもあって、さよなら手書きの初期バージョンを買ってつかっていた。

なので、年に数回程度しか使わないアプリなんだが、あると便利かもしれない。

今回、アップデートのバナーがウザいのでソフトウェア開発の手助けとして最新版にアップデートした。

丁度、マンションの更新手続きがあって、これも結構書類があって面倒だと思ったからだ。

そこで、スキャナーで書類を取込適当に標準の認識のまま入力して無地のA4に手差しで印刷してみたのだが、原本に重ねて透かしてみると、良い位置に印字出来ていると思ったので、そのまま原本をプリンターにセットして印刷したらこれがうまいことピッタリはまった。

プリンタの調整も無しにそのまま使えたのはラッキーだった。

前からそんなにずれは気にならなかったが、マス目ピッタリ機能とか行ピッタリ機能とかが追加されていて思いのほか便利で、前ならいちいち入力で調整していたのが一発でマス目に収まる機能はかなり優秀で便利だった。

〒番号とか電話番号なんかの枠がマス目で設定されている書類はかなり使える様になっている。

それに、行数ピッタリ機能もかなり便利で、年数回しか使わないアプリなんだが他に活用出来るシーンがあればもっと活用出来るのになぁと思いつつ、自動車の書類関連でOCRの書類が結構あるのだが、これに応用出来ないかなぁと思ったりしている今日この頃でした。