熱暴走が始まった

結構頑張って熱対策したのだが、グラボがヘタレすぎで限界だ。

XPS8930のグラボはシングルファンのRTX-2060でなんの為のグラボなのか意味不明なのだ。

そもそもシングルファンってあり得ないくらい熱に弱いので、レースゲームなんかを最高設定でやったら80度こえてきたの気がつかなくて急にコマ送りが始まって気がついた。

その時の温度は84度に達していて故障の前触れになるところだった。

すかさずケースを開けて扇風機を直接あてたんだが、なかなか冷えない

まるでPC自体がストーブ状態でこの熱尋常じゃない位でこんなメーカーPCて有るのかと思った。

熱対策している俺のXPS8930でこの時期にもう灼熱地獄状態になると言う事は、普通のノーマルXPS8930を使っているユーザは間違い無くまともにゲームは出来ない状態になるだろうな。

まぁゲームPCじゃないから普通に使う分には問題ないのだが、なんの為のグラボなのか意味不明だ。

このRTX-2060は単なる飾りで、ExcelとかWord、PowerPointを快適に動作させる為の物として実装されているに違いない。

一般、ハイスペックビジネスPCと言う位置づけになるんだろうな。

俺にとってはRTX-2060を選択した時点でゲームPCだと思っていたのだが、どうやらDELLのゲームPCはALIENがあるのでそれしか選択枝はないのかもしれない。

ALIENは標準で水冷だし1000wの電源搭載しているので、そこまでやらないとまともにゲームが出来ない様だ。

となるとM1チップのMacが実に羨ましく思えてくる。

まだ5月半ばを過ぎた時期でそんなに熱いとは思って無い時期なのに、PCは悲鳴を上げてきた。

どうしたものか。