GRIDが安かったから買ってみたら良すぎた!

カーシム系のゲームはProject CARS3をごにょごにょやってなんとかかんとか全車両と俺の好きなフェラーリ488で鈴鹿モドキを走らせる事で満足していた。

そんなとき、SteamのサマーセールでGRIDが投げ売りしていた。

これは買いだなぁと思ってUltimate Editionを買って見た。

正直、あまり期待していなかったが、DiRTシリーズやF1シリーズの開発メーカーなのでまぁ良いだろうと思ったのだが、これがなかなか最高だった。

pCARS3と言うかpCARSシリーズは鈴鹿モドキで走るしか無かったのに、GRIDは本物レイアウトの鈴鹿サーキットが選べるし、コースもショートコースとかあってなかなかのバリエーション

更に、フェラーリ488がロックがかかってないので直ぐに買えるレベルだし、RX7、NSX等など乗りたい車はほぼ網羅されているでは無いか。

やはり、フェラーリ488GTで鈴鹿サーキットの本物レイアウトを走るのは好物だ。

ACやACCでも本物レイアウトで走れたのだが、ACCはDLC、ACはMODが必要だった

このGRIDはUltimate Editionだからなのかノーマルでもありそうなんだが普通になんか見たことのあるロゴが目についてよく見ると鈴鹿サーキットだった。

早速フリーレースモードにして設定しているとGTカーが選択出来るし鈴鹿サーキットも選択出来るし、フェラーリ488は25万だったのでちょっと頑張れば直ぐに溜まり金額で直ぐに楽しめた。

pCARS2とpCARS3のいいとこ取りな感じでキャリアもかなり豊富で車両もなかなか多くてDLCの車は最初から所持出来てるのは普通なんだが、pCARS3はDLCの車両も買わないといけないのでまるっきり違うシステム

それでいて、ドライバーレベルなんかもあるしキャリアはチマチマとロックを解除して行かないといけないがそれはまぁそんなもんだろう。

ただ、唯一ACCでオフィシャルの鈴鹿サーキットで遊べたし、フェラーリ488もあるのだが、レースがローリングスタートしか選べないし、周回も選べず、5分とか10分とか意味わからん設定でやる気がしなかった。

それらをGRIDは全部払拭してくれた。

本物レイアウトの鈴鹿サーキットでフェラーリ488までhACCと同じだが、ローリングスタート、スタンディングと選択出来、周回も1~と非常にカジュアルに遊べる様になっている。

これがACCでも出来るならまだ遊べたんだが、一向にローリングスタートしか出来ないレースゲームはつまらん。

ゲームなんだからそんなところ拘る必要ないのになぁと思いつつGRIDで解決したからOK

後は走りやすさなんだが、GRIDは初心者向きなのか結構優しい挙動で鈴鹿の第1コーナーは最初は大抵コースアウトしていた俺がなんの問題も無く抜けてS字をこなしデグナに向かってもコースアウトしなかった。

グリップ感とシフト感がちょっと他のシムとは違うが遊べる方が良いのでこれが良い。

これでようやく思った通りのフィーリングの合うレースゲームを見つけることが出来た。

Project CARS3もなかなか面白くなっているんだが、俺にとっては本物レイアウトの鈴鹿は最強の要素なので一気にGRIDがと言いたい所なんだが、操作メニューが英語なのでわかると言えば解るのだがはやり日本語が良い。

GRID2はSteamでは購入出来ないのが残念。

DEMO版が無料で遊べるのだが、良さそうな感じがするだけに残念でならない。

ハンコンの対応でスラストマスター150の信号は認識するのでカスタム設定で全部設定したら使える様になったのだが製品版は普通につかえるんだろうな。

GRID2がSteamで買えたら良いのになぁ...ちょっと待ってれば期間限定販売やるかもしれないのでウィッシュリストのチェックをいれておいた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました