プリントパックの箔押しクリヤーファイル

プリントパックで1枚約30円で箔押しクリヤーファイルを印刷するキャンペーンがあったので、封筒についで注文していたのが、ようやく手元に届いた。

印刷時点でちょっと問題があって、箔押し条件としてCMYKのKを100%にしないといけないと言う事で、Kを100%、すなわち黒インクしか使わないと言う真っ黒設定で送るとあったので、K100%にして入稿したのだが、Kが100%では無いと連絡が来た。

ここからおかしな指摘で、Kは100%で間違い無く入稿しているのだが、詳しく問いあわせると、確かにKは100%だがCMYに数値が設定されていると言うのが正確な状態だった。

しかし、メールではKが100%ではないのでとあるので、デザイナーでもない俺はなんのこっちゃ、言っている事と事実が当てはまらず、超困惑した。

そこで、K100%でCMYは0にした画面キャプチャーも送って、間違い無く指示通りのデータで入稿しているとエビデンスまでつけたにもかかわらず、CMYに数値が入っていると言うのだ。

おそらく、入稿システムにバグがあるに違いないと思ったので、私のデータが不備なのか、そちらのシステム上の問題なのか「明確」にしたいので、確認して連絡を求めているが回答は未だ得られない。

それに、データ修正サービス付きで入稿しているのだが、CMYを0にする作業が出来ないと言うのだ。

こんな簡単な作業が出来ないのに、データ修正サービス300円とはいったい何が修正出来るんだろう。

しかし、夜中の1時まで電話を受け付けていて、夜10時過ぎに電話が繋がって、それからやりとりしていて、その際に再入稿したデータもCMYに数値が入っていると言うのだ。

おかしなシステムだ。

CMYの数値が入っていると言う事でやりとりしていて、色の設定画面のキャプチャーまで送っているのに数値が入っているっておかしな話だ。

まぁそんなやりとりの中、プリントパック側で色を修正(最初からやればいい)しますとの事で、印刷が1日遅れで開始された。

急ぎで頼んでいるわけではないので、納期などどうでも良かったが、約10日程で届いたのだが、仕上がりは文句なく良い。

金箔と銀箔を迷ったのだが、銀は綺麗に見えるとは思うのだが、こう言ったのにデザイン性を求めても仕方が無いし、金の方がやはり落ち着きがあって良いと思って金箔にした。