京都のパワースポット安井神社

縁切り縁結びで有名な安井金比羅は国のために平和を願い続けた崇徳天皇が由来となって建てられた神社で、崇徳天皇は亡くなるまで禁欲生活として「禁煙や禁酒」をしていたと言う事から、崇徳天皇の意志の強さにご利益があると言う事でパワースポットとして人気が出てきたそうな。

そんな神社がマンションの直ぐとなりなので、毎朝境内を通り抜けて出勤している。

その時、いつも気になるのがこの絵馬なんだが、縁切り縁結びと言う神社だけに、そりゃぁエグイ内容の物ばかりで、コロスだのシネだの、「人を呪わば穴二つ」なんだが、そもそも禁酒とか禁煙の意志の強さに共感して人気になったのに、随分と飛躍してはいないだろうか。

絵馬には良縁が結ばれますようにとか悪縁が絶ちきれますようにとか、具体的に名前や生年月日、住所まで書くのはどうかと思うわけだ。

しかし、オカルト的な話ではあるが、この縁切り縁結びはかなり効果はあるように思っていて、俺の場合、直ぐ隣なのでしょっちゅう穴をくぐり抜けているお陰か、今のところ思い通りに事が運んでいる様に思っている。

それにしてもいつか、この絵馬に書いてある文章をメモって本にでもしたいと思っているのだが、罰が当たりそうだから辞めとこ...