MXGP2019でオリジナルコース作って見た

MXGPは非常に面白いバイクゲームなんだが、コースエディターと言うのがあって、自分でオリジナルのコースが作れると言う事でちょっとやって見たら、ある事を発見した。

それは、AIがやたらと遅くなるコースで、どんなにAIのレベルを高くしても絶対に勝てるコースを発見した。

AIが最も苦手なコースがこれで、このコースは3個目のコースなんだが、スタートから右カーブを経て、直線後の右のうねうねしている部分、ここでAIは超遅くなるので、ここで一気にトップになる事ができる。

AIはこのうねうねを減速して一つ一つ丁寧に走るので、その真ん中を直線で一気に走りきる事ができるので、トップになれるのだ。

驚くほど、丁寧にカーブに忠実にプログラムされている様で、可哀想に、直線で走りに蹴られるにもかかわらず、コースにこう言ううねうねを作っておくとそこで一気に追い越せるし、追いついてこられないのだ。

それに自分で作ると、以外に覚えている物で、コース作り結構面倒なんだけど、慣れるとサクサクと作る事が出来る様になって、このコースでも一週7分くらいかかるので、1週5分いないくらいで作った方がレースでは楽しめる感じがする。

これが一個目で、最初はゴールからスタートの拡がっている所に連結させてバリデーションと言うメニューが出たら成功で、最後にバリデーションでAIがコースをチェックして走ってくれる。

走り切れたらOKみたいで、コースが公開される様なので、ひょっとしたら俺の作ったコースをみんなが遊べるのかもしれない。

2個目はこれで、ジャンプを多めに配置して直線も多くしたのだが、後半のコーナーでAIは基本的に遅くなるので、このコースでも結構ぶっちぎりの優勝はできた。

でも3個目に作ったうねうねは最強で、AIレベルを最高にしても面白いくらい遅くなるので遊べる。

感覚的に狭そうに感じるのだが、実際にコースに出ると意外に広くてもう少しこじんまりと作らないとどのコースもヘビーコースでロングコースになってしまい、最低が3周なのでこのロングコースをレースに使うと20分近くかかるのでしんどいのだ。

道も色々路面の種類があるみたいでタイヤが埋もれる感じの路面とか結構直線なのに転倒してしまったりする。

MXGPはどのシリーズにもオリジナルコース機能はあるのでそれぞれで楽しめそうだ。