久しぶりにREGALの靴を買った

今日はクリスマスで久しぶりに靴を奮発してREGALの靴を久しぶりに買った。

基本的に内羽根ストレートチップで黒が譲れないのでそれにした。

久しぶりに高い靴を買って思ったのは、やっぱ革に履き心地が違うなぁとつくづく思った。

これはAmazonで買った履き捨ての5千円の靴でストレートチップの柄入りでちょっとカジュアルな靴を買ってみた。

REGALも革底の靴はもうあまり作ってないようで、殆どゴム底になっていたのでそれにした。

こちらはAmazonで買った先程の靴だが、まぁ見た目は悪くないし、履き心地も実はかなり良い。

靴を見る時は俺はこのかかとを見る。

このAmazonで買った5千円の靴は数回履いただけで結構すり減ったと感じる。

REGALも昔のは革底で木のかかとだったりしたが、今は今風でゴム底になっているので耐久性は良くわからないのでこれも数日は履いてみるつもりだが、基本的に安いものだろうが高い物だろうが長持ちさせるには使い回しが必要で、5足以上を毎日履き替えているので仕事用に安い靴を買っても結構長持ちさせている。

REGAL一足3万円、Amazon一足5千円で6足を使い回しすると、当然6足を使い回しした方が断然長持ちする。

ただ、修理に出すとなると、REGALシューズの場合は堂々と持って行って修理を依頼できるが、安物の方は使い捨てと言われておしまいだ。

それは構造の違いで、靴底とトップ部分を縫い合わせている(グッドイヤーウエルト式)確りとした設計のもと作られている靴と、ボンドで貼り合わせただけの靴(セメント製法)で同じははずが無い。

結局、張り合わせなので修理となっても靴底オール張り替えになって本体価格より高くなる様では意味が無い。

REGALのオールソール張り替えも1万5千円以上するのだが、新しく買うよりは安いと言う感覚で修理する。

その為にトップ部分の耐久性等、品質の良さがあるのでREGALなんだろうな。

ただ、Amazonで安い靴を履き回すのも悪く無いし、比較的見た目も良くて変に安っぽくないのも良い。

色々な種類の靴を買ってきたが、今は神戸リベラルの靴がなかなか厚みも有って質感は良い。

PUレザーなので本革では無いが、本革と見た目はほぼ変わらない仕上がりで気に入っている。

PUレザーと本革のREGALの靴を磨き比べるとわかるが、PUレザーって頑張って見たんだが鏡面仕上げが非常に時間がかかるし思った光らないので諦めた。

REGALの靴は磨けば鏡面仕上げが出来るので結構楽しい。

それと、茶色の靴履いている人って結構多いのが不思議。

しかも茶色の靴履いている人に限って靴の手入れをしないので実に残念な状態になっている人が多い。

茶色の靴は手入れが黒よりかなり大変で、まぁ履く度に手入れをする前提じゃないと綺麗さは維持出来ないだろうと思う。

茶色の革靴のくすんだ状態ほどみっともないったらありゃしない。

買うときは黒より見た感じも皮皮していて凄く質感が良くてつい買ってしまうのは理解出来る。

ただ、その為にはそれなりに手入れをしていないといけないと言う事も頭に入れる必要がある。

靴好きの俺ですら茶色の靴は良いなぁとは思うが、未だに手を出していない。

一足くらいはあってもいいかなぁとは思うのでそのうちチャレンジしてみたいと思っているが、まだ手が出せずにいる。

あと、これは革のスニーカーが欲しくて同じくREGALの革スニーカーも買ってみた。

これはセメント製法なので靴底の修理は出来ないのだが、mister Minuteなら修理を受けてくれるみたいだ。

この靴を買ったのは、今持っている靴でこれだけ紐を通す穴が空いている靴を持っておらず、この紐は170cmと言う長さの紐で、恐らく相当長い目の紐になるかと思うのだが、それをこの縛り方で縛って履いてみたかったのだ。

6穴くらいのスニーカーに試して見たのだが、やっぱり見せる縛り方は長い方が断然良い。

色々とややこしい縛り方はあるが、俺が覚えているのはこの縛り方で、他の縛り方を知りたければネットで検索すれば直ぐに出てくるのだが、飾り縛りをする場合はやはりこの靴の様に9穴くらいはないと面白く無い。

と言う事で、革のスニーカーとこの紐の縛り方を両方満足する為に買ったというわけだ。

まぁREGALの靴なので当然履き心地は良いし、革もかなり美しい鏡面仕上げの出来る革で品質は十分だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました